クリーニング料金の相場|店舗vs宅配どっちが安い?大手13社を比較

この記事では、大手クリーニング店の「料金」を衣類ごとに比較したランキングや、クリーニング料金の「相場」などについて紹介しております。

以下の様なことを知りたい方は、読んでいただくとスッキリする内容となっております。

  • 「そもそもクリーニング料金の相場が知りたい!」
  • 「近所のクリーニング店が安いのか判断したい…」
  • 「店舗と宅配ではどのくらい料金の違いがある?」

クリーニングの料金は、同じ会社のチェーン店でも地域により価格が異なります。

今回は大手クリーニング店の料金を比較していきますので、あくまで目安でありクリーニング料金の相場を掴む様な気持ちでご確認ください。

目次

大手クリーニング7社の料金比較「ホワイト急便・白洋舎・ポニー・うさちゃんクリーニング」など

料金(税込)ホワイト急便白洋舎/宅配白洋舎リネットうさちゃんクリーニングポニークリーニングダイヤクリーニングクリーニングたんぽぽ
ワイシャツ200円385円/418円319円275円242円275円253円
スーツ(ジャケット)540円1,353円/1,463円1,045円792円770円1,100円1,265円
スーツ(パンツ)390円737円/792円726円517円550円674円561円
コート1,070円2,090円/2,200円2,090円1,474円1,430円1,581円1,452円
ダウンコート4,070円/4,400円3,465円2,948円2,860円3,437円
ダウンジャケット2,100円2,310円/2,530円3,135円2,453円2,090円2,585円
スカート390円660円/715円726円517円550円674円561円
ワンピース820円1,870円/1,980円1,353円1,199円935円1,402円1,045円
セーター390円1,155円/1,265円649円506円550円674円539円

※右へスクロールできます。

こちらの表は、インターネットで「クリーニング 料金」と検索した結果、上位に表示されたクリーニング店の料金を衣類ごとに分けて比較した結果です。

  1. ホワイト急便
  2. 白洋舎
  3. リネット
  4. うさちゃんクリーニング
  5. ポニークリーニング
  6. ダイヤクリーニング
  7. クリーニングたんぽぽ

また、「クリーニング 料金」の検索ボリュームは月間6,600でしたので、かなりの方々がクリーニング料金の相場などが気になっていることもわかりました。

ここからはそれぞれのクリーニング店の料金と、7社の平均価格とを比較しながら見ていきたいと思います。

ホワイト急便の料金

ホワイト急便 料金 相場

料金
(税込)
ホワイト急便
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ200円
(278円)
1位
スーツ
(ジャケット)
540円
(980円)
1位
スーツ
(パンツ)
390円
(593円)
1位
コート1,070円
(1,598円)
1位
ダウンコート
ダウンジャケット2,100円
(2,446円)
2位
スカート390円
(583円)
1位
ワンピース820円
(1,232円)
1位
セーター390円
(638円)
1位

ホワイト急便の料金表

ホワイト急便 料金

参考:料金案内|クリーニングのホワイト急便

ホワイト急便の料金についてのまとめ

ホワイト急便の特徴

  • 価格比較ランキング平均:1.1位
  • 宅配クリーニングの有無:個別制なし・パック制あり
  • 一言:「大手で最安値!」

ダウン系の冬物は惜しくも2位となりましたが、それ以外の衣類は基本的に最安値であるホワイト急便。日本全国で6,000店舗を超え店舗数もかなり多いので、安く済ませたいならホワイト急便がおすすめです。

白洋舎の料金

白洋舎 料金 相場

料金
(税込)
白洋舎/宅配料金
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ385円/418円
(278円)
7位
スーツ
(ジャケット)
1,353円/1,463円
(980円)
7位
スーツ
(パンツ)
737円/792円
(593円)
7位
コート2,090円/2,200円
(1,598円)
6位
ダウンコート4,070円/4,400円
(3,356円)
5位
ダウンジャケット2,310円/2,530円
(2,446円)
3位
スカート660円/715円
(583円)
5位
ワンピース1,870円/1,980円
(1,232円)
7位
セーター1,155円/1,265円
(638円)
7位

白洋舎の料金表

白洋舎 料金表

参考:料金一覧(衣料品) | 白洋舍で上質なクリーニングを

白洋舎の料金についてのまとめ

白洋舎の特徴

  • 価格比較ランキング平均:6位
  • 宅配クリーニングの有無:個別制あり・パック制なし
  • 一言:「最も歴史のあるクリーニング!」

料金的に見ると、大手クリーニング店の中では一番料金が高いのが白洋舎です。しかし、ただ高いのでなく「日本で最も歴史のあるクリーニング店」と言われていますので、料金だけでクリーニング店を選ばないという方にはおすすめです。

リネットの料金

リネット 料金 相場

料金
(税込)
リネット
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ319円
(278円)
6位
スーツ
(ジャケット)
1,045円
(980円)
4位
スーツ
(パンツ)
726円
(593円)
6位
コート2,090円
(1,598円)
6位
ダウンコート3,465円
(3,356円)
4位
ダウンジャケット3,135円
(2,446円)
6位
スカート726円
(583円)
7位
ワンピース1,353円
(1,232円)
5位
セーター649円
(638円)
5位

リネットの料金表

リネット 料金表

参考:クリーニング料金 | クリーニングの宅配ならリネット

リネットの料金についてのまとめ

リネットの特徴

  • 価格比較ランキング平均:5.4位
  • 宅配クリーニングの有無:個別制あり・パック制あり
  • 一言:「宅配のクリーニングならリネット!」

自宅にいたままクリーニングできる「リネット」は、店舗を持たない宅配クリーニングです。宅配クリーニングは一般的にパック制のみの会社が多い中、リネットは個別制・パック制と両方のサービスがありますので、使い分けると店舗型より安く楽にクリーニングに出せます。(この辺りについては後ほど「こちら」で少し解説します。)

うさちゃんクリーニングの料金

うさちゃんクリーニング 料金 相場

料金
(税込)
うさちゃんクリーニング
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ275円
(278円)
4位
スーツ
(ジャケット)
792円
(980円)
3位
スーツ
(パンツ)
517円
(593円)
2位
コート1,474円
(1,598円)
4位
ダウンコート2,948円
(3,356円)
2位
ダウンジャケット2,453円
(2,446円)
4位
スカート517円
(583円)
2位
ワンピース1,199円
(1,232円)
4位
セーター506円
(638円)
2位

うさちゃんクリーニングの料金表

うさちゃんクリーニング 料金表

参考:クリーニング料金|うさちゃんクリーニングの基本料金

うさちゃんクリーニングの料金についてのまとめ

うさちゃんクリーニングの特徴

  • 価格比較ランキング平均:3位
  • 宅配クリーニングの有無:個別制なし・パック制あり
  • 一言:「東日本のみだが近所にあればおすすめ!」

料金的に見るとうさちゃんクリーニングは、大手クリーニング店の中で平均的と言えます。しかし、店舗数は639店であり、且つ、東日本のみなので「近所にあったら損はしないクリーニング店なのでおすすめ!」といった感じです。

ポニークリーニングの料金

ポニークリーニング 料金 相場

料金
(税込)
ポニークリーニング
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ242円
(278円)
2位
スーツ
(ジャケット)
770円
(980円)
2位
スーツ
(パンツ)
550円
(593円)
3位
コート1,430円
(1,598円)
2位
ダウンコート2,860円
(3,356円)
1位
ダウンジャケット2,090円
(2,446円)
1位
スカート550円
(583円)
3位
ワンピース935円
(1,232円)
2位
セーター550円
(638円)
4位

ポニークリーニングの料金表

ポニークリーニング 料金表

参考:料金表|ポニークリーニング

ポニークリーニングの料金についてのまとめ

ポニークリーニングの特徴

  • 価格比較ランキング平均:2.2位
  • 宅配クリーニングの有無:個別制なし・パック制あり
  • 一言:「首都圏のみだが近所にあればおすすめ!」

今回の大手クリーニング店の料金比較ランキングでは、2位という結果になったポニークリーニング。店舗750店で首都圏を中心に展開されているので、うさちゃんクリーニング同様「近所にあったらおすすめ!」といった感じです。

ダイヤクリーニングの料金

ダイヤクリーニング 料金 相場

料金
(税込)
ダイヤクリーニング
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ275円
(278円)
4位
スーツ
(ジャケット)
1,100円
(980円)
5位
スーツ
(パンツ)
674円
(593円)
5位
コート1,581円
(1,598円)
5位
ダウンコート3,437円
(3,356円)
3位
ダウンジャケット2,585円
(2,446円)
5位
スカート674円
(583円)
6位
ワンピース1,402円
(1,232円)
6位
セーター674円
(638円)
6位

ダイヤクリーニングの料金表

ダイヤクリーニング 料金表

参考:料金・価格表 | ダイヤクリーニング

ダイヤクリーニングの料金についてのまとめ

ダイヤクリーニングの特徴

  • 価格比較ランキング平均:5位
  • 宅配クリーニングの有無:なし
  • 一言:「岡山・倉敷・福山・姫路の方におすすめ!」

今回は「クリーニング 料金」で検索した結果に表示された上位のクリーニング店舗の料金を比較しております。こちらのダイヤクリーニングは、岡山・倉敷・福山・姫路の地域密着型ですが、検索結果で上位にくるほど需要があるクリーニング店です。

クリーニングたんぽぽの料金

クリーニングたんぽぽ 料金 相場

料金
(税込)
クリーニングたんぽぽ
(7社平均)
価格ランキング
(7社安い順)
ワイシャツ253円
(278円)
3位
スーツ
(ジャケット)
1,265円
(980円)
6位
スーツ
(パンツ)
561円
(593円)
4位
コート1,452円
(1,598円)
3位
ダウンコート
ダウンジャケット
スカート561円
(583円)
4位
ワンピース1,045円
(1,232円)
3位
セーター539円
(638円)
3位

クリーニングたんぽぽの料金表

クリーニングたんぽぽ 料金表

参考:メンバー価格も一目でわかる料金一覧|本格派クリーニングのたんぽぽ

クリーニングたんぽぽの料金についてのまとめ

クリーニングたんぽぽの特徴

  • 価格比較ランキング平均:3.7位
  • 宅配クリーニングの有無:なし
  • 一言:「関東中心に知られてきている!」

クリーニングたんぽぽは、今回の比較ランキングでは平均的(気持ち平均より高い)な価格帯でした。店舗数は63店舗と今回紹介しているクリーニング店の中では少なく、関東中心に展開されているクリーニング店です。

ここまでにクリーニング料金の相場について見てきましたが、途中で少し話に出た「宅配クリーニング」についても人気がある7社をピックアップしてまとめました。自宅にいたままクリーニングに出せて便利なので、興味のある方は合わせてご確認ください。

宅配クリーニング7社の料金比較「リネット・リナビス・せんたく便・ネクシー」など

リネット 集荷
リネット 納期

宅配クリーニングとは、自宅にいたままクリーニングができるサービスです。

まずは、各宅配クリーニングで「共通すること」をお伝えしますが、これらは「街のクリーニング店と宅配クリーニングの違い」だと思いご確認いただくと、宅配クリーニングのメリットが伝わりやすいかと思います。

各宅配クリーニングで「共通すること」

  • 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  • 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  • クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる

宅配クリーニングは街のクリーニング店と違い、ネットで注文したらクリーニングに出したい衣類を玄関まで取りに来てくれて、クリーニングが完了したら自宅に配送されます。

まるで、通販で洋服を購入した時の様なキレイな梱包状態で配送されますので、お気に入りの衣類がリフレッシュして帰ってくる感じがお気に入りポイントです。

そんな宅配クリーニングの料金体制は、個別制とパック制と2種類ありますので、少し解説したいと思います。

宅配クリーニングの特徴「個別制(小出し)・パック制(まとめ出し)・保管(衣替え)」

個別制(普段使い)

個別でクリーニングに出せるので、極端な話ワイシャツ1枚からでも出せる。

パック制(衣替え使い)

パック制でクリーニングに出すので、5点・10点・15点などまとめて出せる。

保管サービス

クリーニング後にそのまま保管(7ヵ月~)し、次のシーズンまで預けれる。

パック制の宅配クリーニングは、大体が保管サービスもセットで付いてきます。
なので、衣替えの時期などに複数の洋服を一気にクリーニングしたい場合は、パック制がおすすめです。そのまま次のシーズンまで預けていられるので、自宅のクローゼットに空きを作ることができるのもメリットです。
ただし、普段のクリーニングを宅配クリーニングで済ませたい場合は保管サービスは必要ありませんし、クリーニングに出す衣類の数が変わってくると思うのでパック制ではなく個別制の方がおすすめです。

宅配クリーニングの料金を安く抑える方法

「冬物はパック制、それ以外は個別制」

これが宅配クリーニングの料金を安く抑える方法です。また、この方法を活用すると店舗型のクリーニングよりも料金を安く抑えることも可能です。

一般的にパック制の宅配クリーニングは、冬物のコートなど「街のクリーニング店では、料金が少し高いかな?」と連想するものをまとめて出す方がお得です。そして、それ以外は個別制の宅配クリーニングを活用すると、家から出ずに楽にクリーニングに出すことができます。

少し極端な例でお話ししますが、個別制・パック制と両方のサービスがあるリネットで料金の違いを見てみましょう。

「ワイシャツ5点」をクリーニングに出す場合

  • 個別制の場合
    ワイシャツ1点で319円なので、319円×5点=1,595円(税込)
  • パック制の場合
    5点パックで何を出しても、8,580円(税込)

ワイシャツ5点の場合、個別制の方が「6,963円」もお得。

「ダウンジャケット5点」をクリーニングに出す場合

  • 個別制の場合
    ダウンジャケット1点で2,508円なので、2,508円×5点=12,540円(税込)
  • パック制の場合
    5点パックで何を出しても、8,580円(税込)

ダウンジャケット5点の場合、パック制の方が「3,960円」もお得。(その上、保管サービス付き)

この様に個別制とパック制では、同じ衣類の場合でも料金が変わってきますし、パック制の場合は保管サービス付きなので、衣替えなどで冬物をまとめて出す場合はパック制、それ以外の普段使いは個別制とした方がお得です。

個別制とパック制の切り分けは「1,716円」が目安

では、実際に個別制とパック制とを使い分ける場合の「簡単な切り分け」についてお伝えします。

リネット(パック制)の料金

料金(税込)5点コース10点コース15点コース
1点あたり1,716円1,298円1,173円
合計金額8,580円12,980円19,360円

コースにより1点あたりの金額も変わってきますが、5点コース「1点あたり:1,716円」の金額以下の衣類は、個別制のリネットに出すべきです。(先ほどのワイシャツ5点のクリーニング例と同様)

リネット(個別制)の料金

リネット 料金表

リネットの個別制の料金一覧を見てみると、先ほどの5点コース「1点あたり:1,716円」より高い衣類は、「コート/ハーフコート:2,090円」と「ダウンジャケット:3,135円」「ダウンコート:3,465円」だけです。

つまり、冬物のコートやダウンをクリーニングに出すのであれば、パック制の方が保管サービスもついてきて料金的にもお得。しかし、それ以外の衣類をクリーニングに出すのであれば、個別制の方が断然料金がお得ということになります。

個別制のリネットについては、以下の記事で衣類のビフォーアフター画像と共に体験談を紹介しております。

関連記事

こちらの記事では、宅配クリーニングのリネット(Lenet)のSNSでの評判を「良い&悪い口コミ」と、両方の角度から見ながら解説していきます。また、デリカジ編集部で実際にリネットを使った際の感想も「ワイシャツ・スーツ(上下)・ネクタイ[…]

また、冒頭でお伝えした「大手クリーニング店で最安値だったホワイト急便」でも、ダウンジャケットの価格は2,100円です。しかし、リネットのパック制なら1点あたり1,716円なので、冬物のまとめ出しの際には断然お得です。(15点パックなら1点あたり1,173円で、ホワイト急便の半額近くに)

関連記事

この記事では、リネットプレミアムクロークの利用方法や手順など、私が実際に利用してみた体験談を詳しく紹介していきます。もしかするとリネットが保管サービスをやっているのを知らない方もいるかもしれませんが、リネットプレミアムクロークは『ク[…]

リネットプレミアムクローク 梱包

リネットのパック制についての体験談は、上記記事にてお話ししております。

では、続けてリネット以外の宅配クリーニングも含めた比較情報について紹介します。

【比較】人気な宅配クリーニング7社の「料金・保管・納期・保証」の違い

リネットリナビスせんたく便リコーべネクシークリラボラクリ
個別制
(Yシャツ料金)
319円×××363円××
パック制
(5点コース料金)
8,580円
(1点あたり:1,716円)
9,405円
(1点あたり:1,881円)
7,678円
(1点あたり:1,536円)
9,050円
(1点あたり:1,810円)
10,450円(7点)
(1点あたり:1,493円)
9,680円
(1点あたり:1,936円)
9,480円
(1点あたり:1,896円)
保管期間8ヵ月12ヵ月11ヵ月12ヵ月7ヵ月9ヵ月10ヵ月
集荷時間10時~21時
(地域により6時~24時)
8時~13時/14時~18時8時~13時/14時~18時記載なし9時~21時8時~13時/14時~18時9時~21時
納期2日
(地域により翌日届けあり)
8営業日
(集荷キット:3営業日、クリーニング:5営業日)
5営業日7営業日
(集荷キット:3営業日、クリーニング:4営業日)
5日~10日3日~5日13営業日
(集荷キット:3営業日、クリーニング:10日)
保証制度・再仕上げ:あり/30日以内
・衣類補償:1点あたり10万円
・電話窓口:あり
・再仕上げ:あり/記載なし
・衣類補償:1点あたり5万円
・電話窓口:あり
・再仕上げ:あり/30日以内
・衣類補償:クリーニング事故賠償基準
・電話窓口:あり
・再仕上げ:あり/不明
・衣類補償:記載なし
・電話窓口:あり
・再仕上げ:あり/7日以内
・衣類補償:1点あたり5万円
・電話窓口:あり
・再仕上げ:記載なし
・衣類補償:1点あたり5万円
・電話窓口:あり
・再仕上げ:あり/7日以内
・衣類補償:1点あたり5万円
・電話窓口:あり

※右へスクロールできます。

こちらは有名な宅配クリーニングの「料金・保管・集荷・納期・保証」の違いをまとめたものです。

各宅配クリーニングで「違うこと」

  1. 料金の違い
    →料金自体にも違いはあるが、個別制・パック制と出せる衣類の点数に違いがある
  2. 集荷の違い
    →玄関まで衣類を取りに来てくれる集荷サービスの予約可能な時間幅に違いがある
  3. 納期の違い
    →クリーニングが完了し、衣類が届くまでの納期に違いがある
  4. 保証の違い
    →再仕上げの対応期日や万が一のクリーニング事故の際の補償金額に違いがある
  5. 保管の違い
    →保管サービス付きの宅配クリーニングが多いが、保管できる期間に違いがある

この様に、同じ宅配クリーニングの中でもサービス内容に違いがありますので、自分が求めているサービスが強化されている宅配クリーニングを選ぶことをおすすめします。

総合的におすすめな宅配クリーニングについては、以下で詳しくお話ししております。

関連記事

この記事では「世間一般的におすすめな宅配クリーニングの見つけ方」から始まり、「2021年最新版!人気宅配クリーニングの比較ランキング」も紹介していきます。その他にも「そもそも宅配クリーニングとは?」といった疑問や「宅配クリーニングを[…]

宅配クリーニング 比較 ランキング
こちらの記事は、ただの「主観的」なランキングではなく「客観的」におすすめな宅配クリーニングを選び、それらを実際に使ってみた感想と先ほどの様な比較データを元に順位付けをしております。
宅配クリーニングに興味がある方は、是非参考にしてみてください。

【最後に】クリーニングに出す前の注意点「汚れ部分・染み抜きポイントをチェック」

クリーニング 料金

ここまでにクリーニングの料金についてフォーカスしてきましたが、最後にクリーニングに出す前にチェックすべきポイントについてもお伝えします。

公益財団法人 全国生活衛生営業指導センター クリーニング教本

今からお伝えするクリーニング前のチェックポイントは、こちらの「よくわかるクリーニング教本―クリーニング師編 単行本 – 2013/6/1 全国生活衛生営業指導センター (著」の情報を参考にしております。

クリーニング前のチェックポイント「スーツ(上)のジャケット編」

スーツ ジャケット クリーニング

スーツ(上)のジャケットは、前後全体的にシミ・キズ・虫穴・変退色などをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①後襟(うしろえり)・肩付近

汗汚れ・スレなどをチェックする

②前襟(まええり)・肩付近

汗汚れ・スレなどをチェックする(ファンデーションなどのシミにも注意)

③後袖(うしろそで)

袖山(そでやま)→肘(ひじ)→袖口(そでぐち)の順にスレ・変退色などをチェックする

④内側ポケット付近

スレなどとポケットの中身をチェックする

⑤ボタン・ボタンホール

取り外しの有無・破損・脱落個数などの箇所と、取り付け糸の状態をチェックする

⑥前袖(まえそで)

袖山(そでやま)→肘内側(ひじうちがわ)→袖口(そでぐち)の順にスレ・変退色などをチェックする

⑦ポケット

スレ・変退色などと中身をチェックする

⑧両脇付近

スレ・変退色・ほつれなどをチェックする

⑨両袖口ボタン

取り外しの有無・破損・脱落個数などの箇所と、取り付け糸の状態をチェックする

⑩センター・サイドベンツ、裾、裏側

スレ・ほつれなどをチェックする

クリーニング前のチェックポイント「スーツ(下)のパンツ・スラックス編」

スーツ パンツ クリーニング

スーツ(下)のパンツ・スラックスは、前後全体的にシミ・キズ・虫穴・スレ・変退色などをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①ボタン

破損・取り付け糸の状態をチェックする

②後ポケット

変退色・汗汚れ・スレ・ボタンの状態などと、中身をチェックする

③ファスナー

劣化や動きなどをチェックする

④前ポケット

ポケット口の汗汚れ・スレなどと中身をチェックする

⑤前太もも・膝付近

股付近の黄ばみ・汗汚れ・損傷・スレなどをチェックする

⑥裾

靴クリームなどの汚れ・泥はね・スレなどをチェックする

⑦裏側

裏地の状態・ほつれ・スレなどをチェックする

クリーニング前のチェックポイント「ワイシャツ編」

ワイシャツ クリーニング

ワイシャツは、前後全体的にシミ・変退色・損傷などをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①前襟(まええり)・肩付近

変退色・汗汚れ・スレなどをチェックする

②後襟(うしろえり)・肩付近

汗汚れ・スレなどをチェックする

③ボタン

ボタンの破損・脱落個数・取り付け糸の状態などをチェックする

④ポケット

スレなどをチェックする

⑤前袖

肩→肘内側→袖口のスレなどをチェックする

⑥後袖

袖山→肘→袖口のスレなどをチェックする

⑦ボタン・カフス

ボタンの破損・脱落箇所・取り付け糸の状態・カフスの状態などをチェックする

クリーニング前のチェックポイント「プリーツスカート編」

スカート プリーツ クリーニング

プリーツスカートは、前後全体的にプリーツの具合・シミ・変退色・損傷などをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①プリーツ

プリーツがとれていないかをチェックする

②後側(ファスナー・スリット開き)

変退色・汗汚れ・スレ・ファスナーの状態・スリットのスレや開きなどをチェックする

③裾

こじれ・スレ・裾線が曲がっていないかなどをチェックする

④裏側(全体)

裏地の状態・ほつれ・スレなどをチェックする

クリーニング前のチェックポイント「ワンピース編」

ワンピース プリーツ クリーニング

ワンピースは、前後全体的にプリーツの具合・シミ・変退色・損傷などをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①前襟(まええり)・肩付近

汗汚れ・スレ・吊りジワなどをチェックする(ファンデーションなどのシミにも注意)

②後襟(うしろえり)・肩付近

汗汚れ・スレ・などをチェックする

③脇

変退色・ほつれ・スレなどをチェックする

④ウエスト

歪み・余り・ヨジレなどをチェックする

⑤袖

袖山→肘→袖口のスレ・変退色・ヨジレなどをチェックする

⑥スカート

ドレープに流れヨレはないか?左右のバランスなどをチェックする

⑦裾

ほつれ・スレ・などをチェック

⑧裏側・スリット開き

裏地全体の状態・ほつれ・スレ・汗汚れをチェックし、スリットがある場合はほつれ・開きなどをチェックする

クリーニング前のチェックポイント「コート編」

コート 上着 クリーニング

コートは、前後全体的にシミ・キズ・虫穴・変退色などをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①前後襟・肩

汗汚れ・スレ・などをチェック(ファンデーションなどのシミにも注意)

②内側ポケット

スレなどと中身をチェック

③袖

袖山→肘→袖口のスレ・変退色などをチェック

④ボタン

取り外しの有無・破損・脱落箇所・取り付け糸の状態などをチェックする

⑤バックベルト

取り外しの有無・ヨジレなどをチェックする

⑥袖口のボタン

取り外しの有無・破損・脱落箇所・取り付け糸の状態などをチェックする

⑦裾

ほつれ・スレなどをチェック

⑧裏側

裏地全体の状態・ほつれ・スレなどをチェック

クリーニング前のチェックポイント「セーター・ニット・カーディガン編」

セーター カーディガン クリーニング

セーター・ニット・カーディガンは、シミ・歪み・曲がり・虫穴・変退色・前後の長さが統一されているかなどをチェックしましょう。部分的にチェックしたい項目は以下です。

①前後襟・肩

汗汚れ・スレ・襟のバランス・左右の形状が揃っているかなどをチェックする(ファンデーションなどのシミにも注意)

②ボタン

取り外しの有無・曲がり・歪み・脱落箇所・取り付け糸の状態などをチェックする

③袖

袖山→肘→袖口のスレ・変退色・左右の形状が揃っているか・長さが合っているかをチェックする

④ポケット

曲がり・歪み・変退色・スレなどと中身をチェックする

⑤裾

ほつれ・スレ・裾ゴムが伸びてないかなどをチェックする

「大手クリーニング7社」と「宅配クリーニング7社」の料金を比較した結果

先ほどもお伝えしましたが、クリーニングの料金は同じ会社のチェーン店でも地域により価格が異なります。

今回まとめた情報は、あくまでインターネット上で検索結果上位に位置する有名なクリーニング店の料金をまとめて、相場をお伝えしたまでにすぎません。

あなたが住んでいる地域の個人クリーニング店では、さらに安い価格で営業しているお店もあると思いますので、最安値を探す為に今回の内容を「相場」としてご活用ください。

また、コロナ禍の今、ソーシャルディスタンスを取る為にクリーニング店の外にまで人が並んでいる光景をよく見かけます。

宅配クリーニングなら自宅にいたままクリーニングに出せて、料金も個別制とパック制と使い分ければ店舗型のクリーニングより安く済む場合が多いにあります。

興味のある方は宅配クリーニングも使ってみていいと思います。「思っていたより安いし、思っていた以上に楽」というのが、私たちデリカジ編集部での素直な感想です。

今回はクリーニング料金の相場についてでした。参考にしていただけたら幸いです。

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
クリーニング 料金 相場
最新情報をチェックしよう!