ワイシャツは”干し方”でアイロンが楽になる?シワを防ぐ5つのポイント

この記事では、ワイシャツの干し方について詳しく解説していきます。

ビジネスマンにとってワイシャツは毎日使うアイテムなので、普段からよく洗濯して干している方が多いと思います。しかし、ワイシャツの干し方にまでしっかりと意識をしている方は、意外と少ないのではないでしょうか?

ワイシャツは、いくつかのポイントを押さえ、干し方を少し工夫するだけで格段にシワが付きにくくなります。シワが付きにくくなると、その後のアイロンがけも楽チンになるので、覚えておくとワイシャツを効率良くお手入れすることができます。

ワイシャツの干し方をマスターし、効率よく日々のワイシャツのお手入れをできるようになってほしいと思います。

【はじめに】ワイシャツを干す前に意識する”3つのポイント”

ここでは、ワイシャツを干す前に意識しておいてほしいポイントについて、詳しく解説していきたいと思います。

ワイシャツは干すときだけ工夫するのでは、そこまでシワが付くのを予防することができません。実は、干す前にこそ大切なポイントが隠されています。

  1. 洗濯ネットを使って洗濯する
  2. 柔軟剤を使って洗濯する
  3. 脱水時間は極力短く設定する

ワイシャツを干す前に意識してほしいポイントは、上記の3つです。洗濯の段階からシワが付きにくくなる工夫をしておくことで、ワイシャツを干すときにさらにシワを付きにくくすることができます。

では、干す前に気を付けてほしいポイントを順番に解説していきましょう。

①洗濯ネットを使って洗濯する

ワイシャツ 洗濯ネット

ワイシャツを洗濯するときは、ボタンをすべて外して裏返し、軽くたたんでから洗濯ネットに入れて洗濯することで、洗い上がり時に格段にシワが付きにくくなります。

これは、洗濯ネットに入れることで『他の洗濯物と絡まなくなる』、『ワイシャツがグシャグシャになりにくい』といった効果があるので、この2つが大きな要因となっています。また、洗濯ネットに入れることで他の洗濯物と擦れることもなくなるので、ワイシャツの生地が傷むのも予防してくれます。

ワイシャツの洗濯には、洗濯ネットを活用しておけば損はないと言えるでしょう。

②柔軟剤を使って洗濯する

洗濯 柔軟剤

柔軟剤というと、『香りを付ける』『洗濯物をふんわりと仕上げる』などのイメージがあると思いますが、実はシワを付きにくくする効果もあります。

柔軟剤は生地にハリを与えてくれるので、生地にシワなどの癖が付きにくくなります。また、生地の滑りも良くなるので他の洗濯物とも絡みにくくなり、これもシワが付きにくくなることにつながってきます。

最近では、シワが付きにくくなる効果をセールスポイントにした柔軟剤も見受けられます。こちらの種類の柔軟剤を使ってみるのも、ワイシャツのシワ防止対策として検討してみるのも良いでしょう。

③脱水時間は極力短く設定する

洗濯機 脱水時間

ワイシャツは脱水時間が長いと、それだけシワが付きやすくなってしまいます。洗濯機の通常コースで洗濯すると、ほとんどの場合で脱水時間が長く設定されています。設定の段階で、できるだけ脱水時間が短くなるように再設定をしてください。

ワイシャツを脱水する際の適切な時間は30秒ほどと言われていますが、洗濯機によっては脱水時間を30秒に設定できない場合もあると思います。その場合は、30秒でなくても可能なかぎり短い時間に設定すると良いでしょう。

ワイシャツを干す前の『シワになりにくい洗濯方法』について簡単にお伝えしてきましたが、下記の記事ではワイシャツの洗濯方法をより詳しく解説しています。気になる方は参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、ワイシャツの基本的な洗濯方法を紹介していきます。ワイシャツはクリーニングに出すのも1つの手段ですが、お家で洗濯している方もかなり多いはず。正しい洗濯方法を知っていれば、ちょっとした工夫でラクでキレイに仕上がります。[…]

ワイシャツ 洗濯方法

シワが付きにくい!ワイシャツの干し方で気を付ける”5つのポイント”

ここでは、ワイシャツを干すときに気を付けてほしいポイントについて、詳しく解説していきたいと思います。

洗濯のときからシワが付きにくい工夫をすることも大切ですが、干すときも同様にシワが付きにくい工夫をしておくのがとても大切です。これをやるのとやらないのとでは、ワイシャツが乾いたあとのシワの付き方にかなりの差が出てきます。

  1. ある程度シワを伸ばして干す
  2. 厚みがあるハンガーにかけて干す
  3. 日が出ている昼間の内に干す
  4. 直射日光を当てないように陰干しをする
  5. 第1~第3ボタンまで留め、襟(えり)は立てて干す

ワイシャツの干し方で気を付けてほしいポイントは、上記の5つになります。多少面倒に感じるかもしれないですが、どれもそんなに手間をかけずにできるので、ぜひワイシャツを干すときに取り入れてみてほしいと思います。

では、順番に詳しく解説していきましょう。

①ある程度シワを伸ばして干す

ワイシャツ 干し方 シワ

洗濯が終わったら、ワイシャツをハンガーにかける前に、ある程度シワを伸ばしておくことが大切です。また、洗濯が終わったら素早く取り出すことでシワが付きにくくなるので、洗濯が終わったら素早くシワを伸ばして干すことを心がけてください。

下記にシワを伸ばす手順を紹介しておくので、参考にしてみてください。

手順

ワイシャツ たたく①ワイシャツを軽くたたみ、たたいて細かいシワを伸ばす

ワイシャツ 干し方 シワ②襟(えり)を持って、バサッ!と大きく振って大きなシワを伸ばす

ワイシャツ 干し方 シワ③ハンガーにかけ、シワを伸ばしながら形を整える

②厚みがあるハンガーにかけて干す

ワイシャツ ハンガー 太い

ワイシャツを干すときは、まだワイシャツが水分を含んでいるためワイシャツ自体が重くなっています。細いハンガーだと、肩部分にハンガーのシワが付きやすく、ワイシャツが型崩れしてしまう恐れがあります。

ワイシャツを厚みがあるハンガーを使って干すと、肩部分にシワが付きにくくなるだけでなく、型崩れも防止してくれます。ワイシャツを干すときは、ある程度厚みがあるハンガーを使うようにしてください。

また、下記の記事ではワイシャツ用ハンガーを各種紹介しているので、ハンガーを選ぶ際の参考にしてもらえたら幸いです。

関連記事

この記事では、ワイシャツ用ハンガーの選び方やおすすめハンガーの紹介など、ワイシャツのハンガーに関するお役立ち情報をお伝えしていきます。「ワイシャツをかけるハンガーなんて、なんでもいいんじゃないの?」と思われている方もいるかもしれない[…]

ワイシャツ ハンガー

③日が出ている昼間(12時~15時)の内に干す

ワイシャツ 昼間に干す

昼間(12時~15時)の時間帯は、日が高く湿度も低いので単純にワイシャツが乾きやすい条件が揃っています。ワイシャツに限らず、洗濯物は昼間(12時~15時)に干しておくのが良いでしょう。

この時間帯を過ぎてしまうと湿度が徐々に高くなってくるため、ワイシャツが湿っぽくなってしまいます。ワイシャツを取り込む時間があまり遅くならないように注意してください。

④直射日光を当てないように陰干しをする

ワイシャツ 陰干し

これはシワとは関係ないですが、ワイシャツを直射日光に当てて干すと、紫外線の影響でワイシャツが黄ばんだりや変色してしまうことがあります。

直射日光の方が早く乾きそうで良いイメージがあるかもしれないですが、ワイシャツを干すときは直射日光が当たらないように陰干しをするようにしましょう。

⑤第1~第3ボタンまで留め、襟(えり)は立てて干す

ワイシャツ 干し方 襟立てる

第1~第3ボタンまで留めておくことで、風などでワイシャツがハンガーから外れてしまうことを防ぐことができます。また、襟をピンと立てて干すことで襟の型崩れを防ぐことができ、襟が乾きやすくなるというメリットがあります。

予防しきれなかったシワは、アイロンがけで取り除こう!

ワイシャツ アイロンがけ

ここまでのシワ対策をした上でワイシャツを干しても、完全にはシワを取り除くことは難しいと思います。ワイシャツのシワを完全に取り除くためには、やはりアイロンがけが必須です。

干し方に気を付ければワイシャツのシワは最小限に抑えることができるので、アイロンがけの手間もかなり減らすことができます。ワイシャツは、干し方に気をつけてアイロンがけを楽にすることが賢いワイシャツの干し方と言えるでしょう。

ワイシャツのアイロンがけについては、下記の記事で詳しく解説しています。アイロンがけについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事

この記事では、ワイシャツのアイロンのかけ方について、詳しくお伝えしていきます。アイロンがけは、ワイシャツを自宅で洗濯している場合、ほとんどのご家庭で日常的に行っている作業ではないでしょうか?その一方で、「手間がかかって面倒!」であっ[…]

ワイシャツ アイロンがけ

実際のところどうなの?ワイシャツのいろんな干し方を検証!

ここではいろんなワイシャツの干し方を試し、実際に乾きやすかったのか、シワが付きにくかったのかなどを検証していきたいと思います。

  • 逆さま干し
  • 重り吊るし干し
  • 裏返し干し

今回検証するのは、上記の3つの干し方です。あまり馴染みのない干し方もあるかと思いますが、実際にやってみないと分からないこともあると思います。上記の3つの干し方をそれぞれ検証し、実際にどうだったのかをお伝えしていきたいと思います。

逆さま干し

手順

①洗濯が終わったワイシャツをハンガーにかけ、第1ボタン・真ん中のボタン・裾のボタンを留めます。

ワイシャツ 逆さ干し②ワイシャツをハンガーから外し、ワイシャツが広がるようにピンチハンガーにワイシャツの裾(すそ)を留めていきます。

ワイシャツ 逆さ干し

③直射日光が当たらないように陰干しをします。

この干し方はワイシャツを広げて筒状にして干すので、かなり風通しが良くなる干し方です。普通に干すのと比べると、乾くまでの時間はかなり短く済みました。
「とにかく急いで乾かしたい!」という場合におすすめの干し方と言えるでしょう。

重り吊るし干し

手順

①まず、『スラックス用ハンガー』『持ち手のあるビニール袋』『重石となる小物(使い切った乾電池など)』を準備してください。

②洗濯が終わったワイシャツをハンガーにかけ、第1ボタン・真ん中のボタン・裾のボタンを留めます。

③前身ごろと後身ごろの裾(すそ)と袖(そで)口を、スラックス用ハンガーで一緒に挟みます。

④スラックス用ハンガーに持ち手のあるビニール袋をかけ、ビニール袋に重石となる小物を入れて完成です。

この干し方は、重石の重みでワイシャツのシワを伸ばしながら干すことができる、一石二鳥の干し方です。普通に干した時と比べると確かにシワは伸びていましたが、それでもまったくアイロンがけをしなくて良いというほどではないです。
「アイロンがけする時間はないし、それでも干すのと同時に少しでもシワを抑えたい!」という場合におすすめの干し方と言えるでしょう。

裏返し干し

手順

ワイシャツ 裏返し干し①ワイシャツを裏返しにしてハンガーにかけ、第1ボタン・真ん中のボタン・裾のボタンを留めて完成です。

この干し方は、おそらく一部の方々が『裏返しで干すのが良い』と思って実践されている方法だと思われます。洗濯する時は裏返しで洗濯するのが良いですが、干すときは裏返しにしなくても問題ないでしょう。
実際に裏返しにして干してみたところ、”乾きやすさ”や”シワの付きにくさ”は普通に干すの比べてみても特に違いはありませんでした。

色々なワイシャツの干し方について紹介させていただきましたが、デリカジ編集部では自宅にいたままクリーニングに出せるリネットを活用しております。ワイシャツをクリーニングに出すと、プロの技術によって新品と見違えるほどキレイに仕上がってきます。これはお家での洗濯では出せないクオリティですし、アイロンがけをする必要もなくなります。

関連記事

こちらの記事では、宅配クリーニングのリネット(Lenet)のSNSでの評判を「良い&悪い口コミ」と、両方の角度から見ながら解説していきます。また、デリカジ編集部で実際にリネットを使った際の感想も「ワイシャツ・スーツ(上下)・ネクタイ[…]

こちらの記事は、デリカジ編集部のリネット体験談です。ワイシャツのクリーニング前後の違いもビフォーアフター画像付きで紹介しておりますので、気になる方は是非参考にしてみてください。

【Q&A】ワイシャツの干し方に関する疑問を解消します!

ここでは、ワイシャツの干し方に関する疑問をQ&A方式で解消していきたいと思います。きっと多くの方が疑問に思うであろう内容をピックアップしたので、疑問の解消に役立てたら幸いです。

Q:形状記憶シャツの干し方は、普通のワイシャツと違う点はありますか?

A:形状記憶のワイシャツは、基本的に”濡れたまま干す”ようにしましょう!

形状記憶加工や形態安定加工が施されたワイシャツは、シワになりにくく型崩れしにくいのが特徴のワイシャツです。干し方で普通のワイシャツと違う点は、洗濯したあとに濡れたまま干すのが基本という点です。

形状記憶加工や形態安定加工のワイシャツは、濡れたワイシャツ自体の重みでワイシャツのシワを伸ばすというメカニズムとなっています。そのため、脱水時間を長くしてしまうとシワが伸びにくくなってしまうということになります。ワイシャツがビショビショに濡れているのがイヤな場合は、脱水時間を15秒ほどの最低限の時間に設定するようにしてください。

Q:ワイシャツの干し方を工夫すれば、アイロンなしでシワを解消できるものでしょうか?

A:ワイシャツの干し方を工夫するだけでは、シワを完ぺきに伸ばすことは難しいでしょう!

ワイシャツの干し方を工夫すれば、ワイシャツのシワを最小限に抑えることができます。しかし、これはあくまでもシワを予防できる程度の話なので、アイロンがけをしなくても良いくらいシワが付かないかというと、決してそんなことはありません。

ワイシャツのシワをしっかりと解消するには、やはり最終的にアイロンがけをするのが基本です。アイロンがけをしていつもシワのないワイシャツを着ていると、ピシッとした印象を周囲に与えることができます。シワのないワイシャツは、ビジネスシーンでも有利に働くことが期待できます。

どうしても干し方を工夫するだけでワイシャツのシワのケアをしたい場合は、形状記憶や形態安定が施されたワイシャツの購入を検討するのが良いでしょう。

Q:ワイシャツは、『外干し』と『部屋干し』のどちらが良いのでしょうか?

A:どちらもメリットとデメリットがあるので、メリットとデメリットを考慮して選ぶのがおすすめです!

『外干し』と『部屋干し』のどちらが良いのかについては、ワイシャツに限らず洗濯物全体に言えることになります。どちらもメリットとデメリットがあるので、あなたにとってどちらが良いのかを考えて選ぶのがおすすめです。

『外干し』と『部屋干し』のメリットとデメリットを、下記の表にまとめてみました。

【メリット】【デメリット】
外干し・風通しが良く、乾くまでの時間が短い
・生乾きの臭いが付きにくい
・室内のスペースが必要ない
・天候に左右される
・花粉や黄砂が付くことがある
・紫外線で傷む可能性がある(陰干ししていない場合)
部屋干し・天候に左右されない
・花粉や黄砂が付かない
・紫外線で傷むことがない
・風通しが悪く、乾くまでに時間がかかる
・対策しないと生乾きの臭いが付きやすい
・室内のスペースが必要

クリーニング屋さんなどのプロは、デメリットをしっかりとカバーする対策をした上で『部屋干し(室内干し)』をしています。一般の家庭の場合は、基本的には『外干し』、場合や目的によって『部屋干し』をするといった形で使い分けるのが現実的と言えるでしょう。

ただし、『部屋干し』をする場合にはいくつか意識してほしいポイントがあります。

  1. 洗濯物同士の間隔を空け、できるだけ風通しを良くする
  2. 除湿器を使用し、できるだけ湿度を下げる
  3. しっかり換気ができるようにする

『部屋干し』をするときは、上記の3つのポイントを意識して干すようにしてください。

まとめ|ワイシャツは干し方を工夫してシワを予防し、アイロンがけまで楽にしてしまおう!

ここまで、ワイシャツを干す前の注意点から干すときの注意点、シワが付きにくい干し方までを順番にお伝えしてきました。ワイシャツの干し方にはいろんな種類があり、干し方を気を付けるだけでシワが付きにくくなることが分かったと思います。

  • ワイシャツを干す前(洗濯時)の注意点は、『洗濯ネットを使う』『柔軟剤を使う』『脱水時間は極力短く設定する』の3つがある
  • ワイシャツを干すときのポイントは、『ある程度シワを伸ばす』『厚みがあるハンガーを使う』『昼間の内に干す』『陰干しをする』『襟(えり)を立てて干す』の5つがある
  • ワイシャツを裏返して干しても、普通に干すのとほとんど変わらない

これまであまりワイシャツの干し方まで重要視していなかった方も多いと思いますが、干し方を工夫するだけでシワを付きにくくすることができ、あとのアイロンがけを格段にラクにすることができます。

きっちりシワのケアがされたワイシャツを着ていると、ビジネスシーンでも相手に良い印象を与えることができます。ワイシャツは干し方から気を付けて頂き、いつもシワのないビシッとしたワイシャツを着られるようにしてほしいと思います。

また、干し方などあまり気を使わずにワイシャツをお手入れしたい方は、クリーニングを利用するのも1つの手段です。ワイシャツのクリーニングについては下記の記事で詳しくお伝えしているので、よかったら参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、ワイシャツのクリーニングやお手入れに関するお役立ち情報をお伝えしていきます。ワイシャツはビジネスマンにとっては毎日使う必須アイテムです。「ビシッ!!」とシワのないワイシャツを着ていると、見た目の印象やイメージが良くなっ[…]

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
ワイシャツ 干し方
最新情報をチェックしよう!