スーツのクリーニング頻度は?値段・かかる日数を比較し相場を解説!

この記事では、知っておくと良いスーツのクリーニングに関する基礎知識や、さまざまな疑問について解説していきます。

スーツは比較的高価で、ワイシャツなどと比べると気軽に買い替えることが難しいビジネスアイテムです。せっかくお気に入りのスーツを高いお金を出して買ったのですから、できるだけ長く着続けたいものですね!

  • 「どれくらいの頻度でクリーニングに出せばいいのか分からない…。」
  • 「スーツのクリーニング料金の相場ってどれくらいなの?」
  • 「クリーニングに出すときは、どんなことに注意すれば良いのだろう…。」

スーツのクリーニングについて、上記のような疑問や不安を抱えている方もいると思います。そんな方向けにできるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

スーツを良い状態に保って長持ちさせるには、日ごろのお手入れやクリーニングを上手に活用するのが賢明です。ぜひ、この記事を参考にスーツのクリーニングに関する正しい知識を身につけ、お気に入りのスーツと長くお付き合いしてほしいと思います。

スーツをクリーニングに出す頻度。みんなはどうしている?

スーツをクリーニングに出す頻度として、適切な頻度の目安としては夏は2週間に1回冬は1シーズンに1回ほどが理想的です。春や秋は1~2ヶ月に1回ほどが適切な頻度と言えます。

  • :1~2ヶ月に1回
  • :2週間に1回
  • :1~2ヶ月に1回
  • :1シーズンに1回

この頻度の根拠としては、季節というよりは汗をかく量がポイントとなってきます。

汗をかきやすい方や、営業マンなどの外回りの仕事をしている方は、もう少し短めの頻度でクリーニングに出しておくのがおすすめです。反対に、事務作業がメインで汗をあまりかかないという方は、上記の頻度のクリーニングで問題ありません。

クリーニングの頻度は、多すぎてもスーツに負担がかかりますし、少なすぎてもどんどん汚れが溜まってしまいます。どちらもスーツの寿命を縮める要因となるので、クリーニングは適切な頻度で利用することが大切です。

また、日ごろからスーツのお手入れをしっかりしておくことも大切です。日ごろのスーツのお手入れについては、後ほど詳しく紹介します。

スーツのクリーニング料金っていくら?

スーツ上下のクリーニング代の平均は、高級店を除けば大体700円~2000円ほどになります。

高級店は安くてもこの平均の倍以上の料金がかかってしまうクリーニング屋さんが多いです。日常的に利用する機会は少ないと考え、今回の平均からは除外しました。

クリーニング屋さんの形態は大きく分けて、『店舗型(一般店)』『店舗型(高級店)』『宅配型』の3つに分けられます。それぞれの形態のクリーニング屋さんごとに、おおよそのスーツのクリーニング料金の平均を紹介していきます。

店舗型(一般店)のクリーニング料金について

私が調べられる範囲で店舗型(一般店)のクリーニング料金をリサーチしてみたところ、スーツ上下で大体700円~2,000円ほどというクリーニング屋さんが大半を占めています。

また、店舗型(一般店)の大手クリーニング屋さんの料金設定をまとめてみると、下記の表のようになります。

店舗名
(料金案内ページ)
スーツ上下1,900円~1,200円~721円~
(地域で異なる)
3ピース2,570円~1,700円~
ジャケット1,230円~7,00円~416円~
(地域で異なる)
ズボン670円~500円~305円~
(地域で異なる)
ベスト670円~500円~

※上記は税抜の料金となっています。

『ホワイト急便』ではエリアによって料金設定が異なり、上記の料金は最安値のエリアのクリーニング料金です。より詳しい『ホワイト急便』の料金は、ホワイト急便のサイトを確認してみてください。

ここまでのまとめ

スーツの店舗型(一般店)のクリーニング料金
クリーニング料金の相場は、大体700円~2000円前後!

店舗型(高級店)のクリーニング料金について

クリーニング屋さんの中には、一般店と比べて高い技術で丁寧にクリーニングをする高級店と言われるクリーニング屋さんもあります。

クリーニング料金は高めですが、高価で大切な洋服をクリーニングに出す場合では、安心してクリーニングを頼めるというメリットがあります。この店舗型(高級店)のクリーニング料金は、スーツ上下で大体5,000円~10,000円ほどというクリーニング屋さんが大半を占めています。

また、店舗型高級店のクリーニング屋さんでの料金設定の一例をまとめてみると、下記の表のようになります。

店舗名
(料金案内ページ)
スーツ上下9,240円~8,250円~10,000円~
3ピース13,090円~11,550円~13,000円~
ジャケット5,390円~4,950円~6,000円~
ズボン3,850円~3,300円~4,000円~
ベスト3,850円~3,300円~3,000円~

※上記は税抜の料金となっています。
※サイトに料金が記載されていないクリーニング屋さんは、クリーニング屋さんに直接問い合わせた内容となっています。

3店舗とも高級店というだけあってかなり高い料金設定となっていますが、料金に見合った質の高いクリーニングが期待できるので、高級スーツや大切なスーツなどは高級店を利用するのも良いでしょう。

ここまでのまとめ

スーツの店舗型(高級店)のクリーニング料金
クリーニング料金の相場は、大体5,000円~10,000円前後!

宅配型のクリーニング料金について

最近では宅配型のクリーニング屋さんも増えてきており、その便利さからとても人気の出てきている新しい形態のクリーニング屋さんです。

自宅にいながらクリーニングに出して受け取ることができるので、時間と労力の節約ができるのでとても便利です。この宅配型のクリーニング料金は、スーツ上下で大体1,500円~2,000円ほどというクリーニング屋さんが大半を占めています。

また、宅配型で大手クリーニング屋さんの料金設定をまとめてみると、下記の表のようになります。

店舗名
(料金案内ページ)
スーツ上下1,610円~1,536円~
(最速10パック)
1,590円~
(ビジネスコース)
三揃2,310円~2,304円~
(最速10パック)
2,385円~
(ビジネスコース)
ジャケット950円~768円~
(最速10パック)
795円~
(ビジネスコース)
ズボン660円~768円~
(最速10パック)
795円~
(ビジネスコース)
ベスト700円~768円~
(最速10パック)
795円~
(ビジネスコース)

※上記は税抜の料金となっています。
※パック料金のクリーニング屋さんは、スーツの料金が安くなるプランで計算しています。

『リネット』は1点から出せるので問題ありませんが、『せんたく便』や『リナビス』などのパック料金のクリーニング屋さんは、クリーニングに出すのに数点出す必要がある場合や、プランの最大数のクリーニングを出さないと損をしてしまう場合もあるので、この部分もしっかり考慮してクリーニングに出すようにしましょう。

ここまでのまとめ

スーツの宅配型のクリーニング料金について
クリーニング料金の相場は、大体1,500円~2,000円前後!

スーツのクリーニングはどれくらいで仕上がる?

スーツ上下のクリーニングにかかる平均的な納期(仕上がりまでにかかる時間)は、高級店を除けば2日~3週間ほどになります。

かなり納期の平均には差がありますが、これは店舗の形態の違いに加えて、クリーニング屋さんごとの差によるものとなっています。納期も料金と同様に、『店舗型(一般店)』『店舗型(高級店)』『宅配型』の3つに分けて、それぞれの形態のクリーニング屋さんごとにおおよその平均を紹介していきます。

店舗型(一般店)の納期について

私が調べられる範囲で店舗型(一般店)の納期をリサーチしてみたところ、大体2日~1週間ほどというクリーニング屋さんが大半を占めています。

また、店舗型(一般店)の大手クリーニング屋さんの納期をまとめてみると、下記の表のようになります。

店舗名
(納期案内ページ)
納期約1週間2~3日2~3日
備考店舗によっては、即日・翌日仕上げ対応あり12時までに預けると、翌日17時仕上がり店舗によって前後あり

※サイトに納期の記載がないクリーニング屋さんは、直接問い合わせた内容となっています。

あくまでも目安としての納期ですが、『白洋舎』は一般店の中でも納期が長いイメージですが、店舗によっては即日仕上げや翌日仕上げの対応をしている店舗もあります。『ポニークリーニング』と『ホワイト急便』はどちらもかなり早い納期となっています。

ここまでのまとめ

スーツの店舗型(一般店)の納期
納期の相場は、大体2日~1週間前後!基本的に納期が短いという特長がある!

店舗型(高級店)の納期について

次に、店舗型(高級店)の納期は、大体1週間~3週間ほどというクリーニング屋さんが大半を占めています。

また、店舗型(高級店)のクリーニング屋さんの納期をまとめてみると、下記の表のようになります。

店舗名
(納期案内ページ)
納期2~3週間程度約2週間最短1週間

高級店は一般店と比べると、納期が長いクリーニング屋さんが多いです。

これは、熟練の技術でクリーニングを実施しているため、どうしても時間がかかってしまうためです。しかし、長い納期に見合った仕上がりが期待できるので、仕上がりの質を最優先にしたい場合にはおすすめです。

ここまでのまとめ

スーツの店舗型(高級店)の納期
納期の相場は、大体1週間~3週間前後!基本的に納期が長いという特長がある!

宅配型の納期について

宅配型の納期は、スーツ上下で大体2日~3週間ほどというクリーニング屋さんが大半を占めています。

また、宅配型で大手クリーニング屋さんの納期をまとめてみると、下記の表のようになります。

店舗名
(納期案内ページ)
納期最短2日後最短5日約3週間

宅配クリーニングは、納期が短いクリーニング屋さんもあれば長いクリーニング屋さんもあるので、どのクリーニング屋さんを選ぶかによって差があります。申し込むプランによっても差があったりするので、納期を重視する場合にはこのあたりも気にしながらクリーニングに出す必要があります。

ここまでのまとめ

スーツの宅配型の納期
納期の相場は、大体2日~1週間前後!店舗型(一般店)より、ほんのちょっと納期が長いという特長がある!

知っておきたい基礎知識!スーツをクリーニングに出す前のポイント

こちらでは、スーツをクリーニングに出す前に注意しておいた方が良いポイントをいくつかお伝えします。

あまり知られていないかもしれないですが、クリーニングにはいくつかの種類があり、得意な汚れの種類などが異なります。このあたりの知識を知っておくと、スーツに適したクリーニングを依頼することができるので、スーツのダメージも最小限にしながらクリーニングを利用することができるようになります。

  1. ドライクリーニングが良い場合
  2. ウェットクリーニングが良い場合
  3. クリーニングに出す前の”3つの注意点”

上記の3つに分けて、順番に説明していきたいと思います。

また、クリーニングに出す際のマナー的な部分や注意点をお伝えしていくので、このあたりの基礎的な知識を身につけて、スーツをクリーニングに出すようにしましょう。

ドライクリーニングが良い場合

ドライクリーニングとは、水を使わずに石油系の有機溶剤を使って行うクリーニングです。普通にクリーニングに出すと、ほとんどの場合でこのドライクリーニングでクリーニングしてくれます。

  • 油を使うため、油性ペンやボールペン、化粧品などの油汚れを落としやすい
  • 水を使わないので、生地が収縮しにくく型崩れしにくい

上記のような特長があるので、『油性の汚れを落としたい』『スーツを長期間保管する』などの場合は、ドライクリーニングを選ぶと良いでしょう。

スーツによっては、ドライクリーニングをやり過ぎると生地が傷んでしまうこともあるので、クリーニングの出し過ぎには注意してください。

ウェットクリーニングが良い場合

ウェットクリーニングとは、水を使って汚れに合わせた洗剤や溶剤を使って行うクリーニングです。ほとんどの場合でオプション料金がかかったりするので、ウェットクリーニングを依頼したい場合には、しっかりそのことをクリーニング屋さんに伝える必要があります。

  • 水を使うため、汗やお酒(ビールやワイン)、ジュースや食べ物の汚れを落としやすい
  • 生地が傷みにくく、スーツに臭いが残りにくい

上記のような特長があるので、『汗が原因の汚れを落としたい』『食事中に付いてしまった汚れを落としたい』などの場合は、ウェットクリーニングを選ぶと良いでしょう。

ただし、ウェットクリーニングは本来水洗いが難しい衣類を、クリーニング屋さんの高い技術によって水洗いをするため、クリーニング屋さんによって仕上がりに差が出てくることがあります。さらに、料金もドライクリーニングより高いことが多く、納期も長いクリーニング屋さんが多いので、事前によく調べた上でウェットクリーニングに出すようにしましょう。

クリーニングに出す前の”3つの注意点”

次に、スーツをクリーニングに出す前の注意点について、下記の3つをお伝えしていきます。

  • ジャケットとパンツは、基本的に上下セットで出す
  • ポケットの中身をチェックする
  • シミや傷をチェックし、クリーニング屋さんに伝える

普段はあまり気にすることがないようなこともあるので、これを機にクリーニングに出す時の参考にしてください。

ジャケットとパンツは、基本的に上下セットで出す

ジャケットとパンツを別々にクリーニングに出すと、それぞれで風合いの変化具合が違ってきて、スーツを着たときに色が微妙に違って見えたりします。

また、スーツは上下セットでないと受付をしてくれないクリーニング屋さんもありますので、できるだけ上下セットでクリーニングに出しましょう。

ポケットの中身をチェックする

スーツのポケットにボールペンやレシートなどが入っていると、インクが染み付いてしまったり、ゴミがへばりついたりします。

クリーニング屋さんもクリーニング前にポケットはチェックしますが、スーツのポケットは意外なところに付いていたりするので、自分でしっかりチェックしておいた方が無難です。クリーニング屋さんへのマナーと捉えて、スーツのポケットはしっかりチェックしておきましょう。

シミや傷をチェックし、クリーニング屋さんに伝える

クリーニングが仕上がってきたときに、ちゃんと依頼時にシミや傷の状態を伝えることができていないと、仕上がりに満足できないケースもあります。

シミの場合はクリーニング屋さんに伝えることで、クリーニング屋さんも重点的にシミを落としてくれたりします。傷の場合は、自分で把握していないとクリーニング後にトラブルとなることもあります。

どちらの場合でも、しっかりシミや傷の状態を把握しておくことで防げることもあるので、きちんとチェックしてクリーニング屋さんにしっかり伝えましょう。

スーツのクリーニング後の注意点とホームケア

次に、スーツがクリーニング屋さんから戻ってきたら、やっておいた方が良いことをお伝えします。

  1. クリーニング直後にやった方が良い”3つのポイント”
  2. 日々のホームケア

上記の2つに分けて、順番に説明していきたいと思います。

当たり前にやっていたことが、実はスーツにとっては良くないことだったりするので、下記を参考にクリーニング後のスーツの取り扱いについて学んでほしいと思います。

クリーニング直後にやった方が良い”3つのポイント”

スーツがクリーニング屋さんから戻ってきたら、すぐにやっておいた方が良いのが下記の3つです。

  • ビニールを取る
  • ハンガーを変える
  • 風通しが良く、直射日光が当たらない場所で保管する

普段あまり意識しないことが多いと思いますが、簡単にすぐできることなので、クリーニング直後にはできる限りすぐに行うように意識してください。

ビニールを取る

スーツに限らず衣類をクリーニングに出すと、大体ビニールがかかった状態で衣類が戻ってくると思います。

『ほこりやゴミが付きにくい』このような理由から、ビニールをかけたままスーツを保管している方は意外と多いかもしれないですが、実はこの状態はスーツにとっては悪い環境となります。ビニールがかかっていることで風通しが悪くなり、湿気が溜まりやすくなります。湿気はカビや臭いの原因となる恐れもあるので、必ずビニールは取るようにしましょう。

ハンガーを変える

クリーニングから戻ってきたスーツは、多くの場合で針金やプラスチック製のハンガーで戻ってくると思います。

針金やプラスチック製のハンガーは厚みがなく、ジャケットのシルエットには合わないので、そのまま保管すると型崩れの原因となります。また、ハンガーの材質は除湿・防湿・消臭効果も期待できる木製のハンガーがおすすめ。厚みのある木製ハンガーに変えて保管し、スーツにとって良い環境で保管するようにしてください。

また、スーツのハンガー選びについては下記の記事で詳しく解説しています。よかったら参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、スーツのハンガーについて詳しくお伝えしていきます。「スーツのハンガーは、クリーニング屋さんのハンガーをそのまま使っている!」と言う方もけっこういらっしゃると思いますが、実はそれがスーツの型崩れの原因となったりします。ハ[…]

スーツ ハンガー

風通しが良く、直射日光が当たらない場所で保管する

スーツを保管する場所は、風通しの良い場所で直射日光の当たらない場所がベストです。

風通しが悪いと湿度が高くなり、カビが生えてしまう原因となる事があります。ほかに風通しを良くする工夫としては、スーツ同士の間隔を最低でも2~3cm離してかけるようにしましょう。また、直射日光がスーツに当たる場所だと、紫外線の影響でスーツが日焼けしてしまい、本来の色から変化してしまうことがあります。『風通しの良さ』と『直射日光が当たらない場所』を意識して、スーツの保管場所を決めるようにしてください。

日々のホームケア

スーツの日々のホームケアとしては、下記の3つのポイントがあります。

  • 脱いだらすぐにハンガーにかける
  • ブラッシングする
  • スーツを休憩させる

この4つのポイントを意識して取り入れるだけで、スーツの寿命をかなり延ばすことができるので、できるところから取り入れてみましょう。

脱いだらすぐにハンガーにかける

スーツを脱いでそのまま放置すると、シワができたり型崩れの原因となる恐れがあります。

多少面倒でも、スーツは脱いだらすぐにハンガーにかけるように心掛けてください。できれば厚みのある木製ハンガーが理想的ですが、プラスチック製でも厚みのあるハンガーはあります。できるだけ厚みのあるハンガーを使うようにしましょう。

ブラッシングする

できればスーツを着る度にブラッシングをするのが理想的ですが、少なくとも3回着たら1回はブラッシングをするようにしてください。

ブラッシングをすることで、スーツについたほこりや食べカスを落とすことができるので、結果的にスーツの寿命を延ばすことにつながります。基本的には上から下に、大きく払うようにブラッシングしてください。また、ブラシは天然毛のブラシを選ぶと良いでしょう。化学繊維のブラシは静電気が溜まりやすく、逆にほこりを集めてしまうことがあります。

スーツを休憩させる

スーツは1回着たら、風通しの良い場所で2~3日休ませるのが基本です。

スーツをしっかり休憩させることで、スーツの湿気を逃してシワや型崩れを修復させることができます。

そのため、最低でもスーツは3着そろえておくと良いでしょう。5着そろえられる余裕があれば、1着のスーツを1週間に1回しか着ないで済むので、さらにスーツの寿命を延びすことができます。スーツをしっかりと休憩させて、長持ちさせてほしいと思います。

また、スーツのお手入れについては下記の記事で詳しく紹介しているので、気になる方は参考にしてほしいと思います。

関連記事

この記事では、スーツのお手入れについて詳しく解説していきます。スーツを良い状態に保ち、着た時にも『ビシッ!』とした印象を持たせるには、日ごろからのお手入れがとても重要です。また、せっかく買ったお気に入りのスーツですから、「できるだけ[…]

スーツ お手入れ

自宅でスーツを洗濯するおすすめの術

自宅で洗濯するのは少しハードルが高く感じるスーツも、実は種類によっては自宅で洗濯できる場合もあります。

まずはスーツのタグに記載されている洗濯表示を確認しましょう。自宅で洗濯できない洗濯表示以外は、基本的に自宅でも洗濯をすることができます。(洗濯表示の見方は、こちらを参考にしてください。)

スーツを自宅で洗濯する場合の手順としては、下記の流れで洗濯するようにしてください。

スーツの洗濯方法(簡易版)

①色落ちしないかテストする
使う洗剤で色落ちしないか、目立たない部分で確認する。


②”ほつれ”や”穴が開いていないか”を確認する
スーツに破損がある場合は、自宅で洗濯すると破損が拡がる可能性があるので、クリーニングを利用する。


③スーツをたたんで、洗濯ネットに入れる
スーツを、ゴミやほこり、ほかの衣類との摩擦によるダメージから守るため、ジャケットは縦に二つ折り、パンツは三つ折りにして洗濯ネットに入れる。


④洗濯機のコース設定は、やさしく洗濯できるコースを選ぶ
スーツのダメージを少なくしシワをつきにくくするため、『ドライコース』や『手洗いコース』で洗濯するようにする。


⑤脱水は極力せず、タオルで水分を取り除く
脱水はスーツにダメージを与えてしまうので、やらないorできるだけ短く設定し、タオルで主な水分を取り除く。


⑥厚みのあるハンガーにかけ、風通しの良い場所で陰干しする
型崩れを予防するために厚みのあるハンガーを使用し、日焼けを予防するために陰干しする。

もっと詳しくスーツの自宅での洗濯方法について知りたい方は、下記の記事で詳しくお伝えしているので参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、スーツの洗濯方法について知っておくべき基礎知識から、詳しい洗濯方法までをお伝えしていきます。「基本的にスーツはクリーニングに出す!」と言う方がかなり多いかと思います。でも、実はポイントさえしっかり押さえておけば、自宅で[…]

スーツ 洗濯

スーツのクリーニングにおすすめな”4つのオプション加工”

ここでは、スーツをクリーニングに出す際におすすめなオプション加工を4つ紹介します。

  1. 撥水加工
  2. 汗抜き加工
  3. 折り目加工
  4. 防虫加工

上記がスーツにおすすめのオプション加工となります。

必要に応じて上手に使うことで、スーツの寿命を延ばすことができるので、参考にしてみてください。

撥水加工

スーツの撥水性を高めることで、スーツに汚れがつきにくくなるオプション加工です。

雨や食べこぼしなどの汚れからスーツを守ってくれるので、スーツの傷みを予防してくれる効果が期待できます。

汗抜き加工

ウェットクリーニングで汗染みや水溶性の汚れを落とすオプション加工です。

通常のドライクリーニングでは落ちにくい水溶性の汚れを落とすことができますが、毎回汗抜き加工をすると生地が傷みやすくなるので注意が必要です。夏場の汗をかきやすい時期に適度に頼むと良いでしょう。

折り目加工

スーツにおいてはパンツのセンタープレスが該当しますが、折り目を長い期間保ちやすくするオプション加工です。

パンツのセンタープレスがしっかり付いていると、ビシッ!とした印象で見た目のイメージが良くなります。センタープレスを長く保ちたい場合に頼むと良いでしょう。

防虫加工

特殊な防虫加工剤を使用することで、スーツを虫食いから守ってくれるオプション加工です。

スーツをクリーニングに出したあと、そのまま長期保管をするような場合にはぜひ頼んでおきたいオプション加工となるので、スーツの衣替えの時期に頼むのが良いでしょう。

まとめ|スーツは定期的にクリーニングしてケアしよう!

スーツは、自宅で洗濯することができるスーツもありますが、クリーニング屋さんに任せることしかできないスーツもあります。

クリーニング屋さんではプロの技術で汚れを落とし、自宅ではできない洗濯をしてくれるので、クリーニングを上手に活用してスーツをケアするようにしましょう。

店舗型(一般店)
店舗型(高級店)
宅配型
料金の相場700円~2,000円前後5,000円~10,000円前後1.500円~2.000円前後
納期の相場2日~1週間前後1週間~3週間前後2日~3週間前後

上記を参考に、スーツの素材・納期・利便性などを考慮しながら、どの形態のどのクリーニング屋さんに出すのかを決めると良いでしょう。

ただ、宅配型はクリーニング屋さんに行く必要がないので、店舗型とは大きな違いがあります。利便性を重要視する場合には、多少料金は上がってしまいますが宅配型を選ぶのも良いかもしれませんね!

  • スーツをクリーニングする適切な頻度は『夏は2週間に1回、冬は1シーズンに1回』
  • クリーニングの前後では、それぞれやっておいた方が良いことがある
  • 日々のホームケアも大切
  • 必要な場合にはオプション加工を活用する

この記事を参考にクリーニングを上手に活用し、お気に入りの1着と長くお付き合いしていってほしいと思います!

また、下記の記事では最近注目を集めている宅配クリーニング屋さんの中でも、特に人気の5社を比較してランキングとして紹介しています。宅配クリーニングを利用してみたい方や、宅配クリーニングが気になる方は参考にしてみてほしいと思います。

関連記事

この記事では「世間一般的におすすめな宅配クリーニングの見つけ方」から始まり、「2021年最新版!人気宅配クリーニングの比較ランキング」も紹介していきます。その他にも「そもそも宅配クリーニングとは?」といった疑問や「宅配クリーニングを[…]

宅配クリーニング 比較 ランキング

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
スーツ クリーニング
最新情報をチェックしよう!