【おすすめ3選】スーツ用ハンガーのサイズ選び~掛け方~向きの紹介!

この記事では、スーツのハンガーについて詳しくお伝えしていきます。

「スーツのハンガーは、クリーニング屋さんのハンガーをそのまま使っている!」と言う方もけっこういらっしゃると思いますが、実はそれがスーツの型崩れの原因となったりします。ハンガーは、『種類』『材質』『用途』などを考慮しながら選ぶのがベストなので、ハンガーの選び方からおすすめハンガーの紹介まで、詳しくお伝えしていきたいと思います。

今はハンガーも多種多様なものがあり、ハンガーを1つ選ぶにも「どれを買えばいいのか分からない!」ということもあると思います。あなたの目的に最適のハンガーを見つけ、お気に入りのスーツのお手入れにもなるように、ぜひ参考にしてほしいと思います。

目次

スーツ用ハンガーに種類はある?

まず、色々なハンガーがある中で、スーツのハンガーの種類は大きく分けると下記の3種類に分類できます。

  1. ジャケット用ハンガー
  2. ワイシャツ用ハンガー
  3. スラックス用ハンガー

それぞれが専用のハンガーなので、そのアイテムに合わせて細かい部分に創意工夫がされていて、微妙に造りが違っていたりします。ここからは、それぞれの専用ハンガーについて順番に解説していきたいと思います。

①ジャケット用ハンガー

【出典:amazon

スーツのジャケット用ハンガーは、ジャケットをハンガーに掛けた時に、ジャケットが着用時のシルエットに近くなるように作られています。

  • 肩のラインに沿って、ゆるやかにカーブした作りとなっている
  • 肩先は立体的な形状を維持するために、厚めの作りとなっている

大きく上記の2点に着目して作られているので、ハンガーにジャケットをかけても型崩れすることがなく、ジャケットのシルエットを美しく保つことができます。特に高級スーツや大切なスーツなどは、ジャケット用ハンガーを使うと型崩れを防止できるのでおすすめです。

また、ハンガー選びにはスーツの肩幅に合ったサイズのハンガー選びをすることも重要です。こちらについては、後ほど詳しく解説していきたいと思います。

②ワイシャツ用ハンガー

ワイシャツ用ハンガー

【出典:amazon

ワイシャツ用ハンガーは、ジャケット用ハンガーほど厚みがなくても問題ないので、比較的細く作られています。

  • 肩のラインに沿って、ゆるやかにカーブした作りとなっている
  • 肩先まで均一な太さの作りとなっている

大きく上記の2点に着目して作られているので、『型崩れしにくい』『シワがつきにくい』というメリットがあります。

また、ワイシャツこそ「クリーニング屋さんの針金ハンガーをそのまま使っている!」という方がかなり多いと思います。しかし、これが型崩れやシワの1番の要因となるので、ある程度の厚みがあるハンガーを選ぶようにしてください。

③スラックス用ハンガー

スラックス用ハンガー【出典:amazon

スラックス用ハンガーは、ジャケット用ハンガーやワイシャツ用ハンガーとは形状がまったく異なります。

  • 『バータイプ』『クリップタイプ』『ズボン吊りタイプ』など、いくつかタイプがある
  • スラックスのはきジワが取れやすい作りとなっている
  • スラックスのセンタープレスが取れにくい作りとなっている

大きく上記の3点に着目して作られているので、目的に合ったタイプのハンガーを選んで使うのが良いでしょう。

ただ、スラックス用ハンガーは、ジャケットと別々にハンガーに掛ける必要があるので、ある程度の保管スペースが必要となってきます。この点は注意するようにしてください。

スーツ用ハンガーを選ぶポイントは?

スーツのハンガーを選ぶポイントについては、大きく分けて3つのポイントがあります。

  1. スーツのサイズに合ったハンガーを選ぶ
  2. 目的に合った素材のハンガーを選ぶ
  3. 用途に合ったハンガーを選ぶ

ハンガー選びを間違えてしまうと、せっかくのスーツが型崩れしてしまうことになるので、上記の3つのポイントを押さえてピッタリのハンガーを探すようにしましょう。

では、順番に解説していきたいと思います。

①サイズに合ったハンガーを選ぶ

スーツ ハンガー サイズ

スーツのハンガーの中でも、ジャケット用ハンガーとワイシャツ用ハンガーが当てはまりますが、サイズに合ったハンガー選びがとても大切です。ハンガーが大きすぎても小さすぎても型崩れしてしまう原因となります。

日本だと標準的な男性の肩幅に合わせて、大体42cm前後の長さのハンガーが出回っています。しかし、スーツのサイズに合った適切なハンガーのサイズは、下記の通りです。

適切なハンガーのサイズ

ジャケットの場合
【長さ】ジャケットの左右の肩から肩の長さを直線で測り、その長さから2~4cm引いた長さ
【肩先の厚み】ジャケットの場合は、4cm以上が理想的


ワイシャツの場合
【長さ】ワイシャツの左右の肩から肩の長さを直線で測り、その長さから1~2cm引いた長さ
【肩先の厚み】ワイシャツの場合は、1~2.5cmくらいが理想的

ハンガー選びの際にはしっかりサイズを測り、ジャケットやワイシャツに合ったサイズのハンガーを選びましょう。

②目的に合った素材のハンガーを選ぶ

ハンガーは使われている素材によって特長があり、それぞれ使った場合の効果にも違いが出てきます。良く使われる素材のハンガーとしては下記の2つがあります。

  • 木製ハンガー
  • プラスチック製ハンガー

目的に合った素材のハンガーを選ぶことで、スーツにとって良い環境で保管をすることができ、クローゼットの中もスッキリ整理することができます。

ここからは、順番に各素材のハンガーについて解説していきます。

木製ハンガー

木製ハンガー ジャケット用

木製ハンガーの特長としては、下記の3つが挙げられます。

  • 高級感があって上品な見た目
  • 丈夫で壊れにくく、ゆがんだりしない
  • ハンガー自体に吸湿性がある

木製ハンガーは高級感があるので、クローゼットの中をオシャレに演出してくれます。丈夫で壊れにくいのもうれしいポイントと言えるでしょう。

また、「木製ハンガーは高い!」というイメージもあると思いますが、安いハンガーでは5本セットで3千円くらいの物から、高いハンガーでは1本数万円もする物まで、かなり値段に幅があります。『使っている木材の種類』や『造りの違い(複数の木材から作っているか、1つの木材から作っているかなど)』で値段に差が出てきます。

1本数万円の高級ハンガーでなくても、木製ハンガーを使うだけで十分効果はあるので、手が届く範囲の木製ハンガーを使うのが良いでしょう。

プラスチック製ハンガー

プラスチック製ハンガー 

プラスチック製ハンガーの特長としては、下記の3つが挙げられます。

  • 水に強い
  • 軽くて持ち運びにも便利
  • 木製ハンガーと比べ安い

水に強いので、雨に濡れてしまったスーツを掛ける場合には、木製ハンガーよりプラスチック製ハンガーの方が向いています。他にも上記の特長を考慮すると、プラスチック製ハンガーは木製ハンガーより実用性が高く、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

また、ある程度厚みがあるハンガーを選んだ方が良いのは、どのハンガーにも共通することなので忘れないようにしてください。

③用途に合ったハンガー選ぶ

冒頭でも紹介したようにスーツのハンガーは大きく分けて3種類あり、それぞれの専用ハンガーを使うのがおすすめです。

  • ジャケット用ハンガーの選び方
  • ワイシャツ用ハンガーの選び方
  • スラックス用ハンガーの選び方

それぞれでハンガーの選び方が少しずつ変わってくるので、これまでの内容と若干重複する部分もありますが解説していきたいと思います。

ジャケット用ハンガーの選び方

スーツ ジャケット

ジャケット用のハンガー選びに必要なポイントは、下記の3つです。

  • ジャケットのサイズを測り、サイズに合ったハンガーを選ぶ
  • 肩先の厚みは4cm以上のハンガーを選ぶ
  • 素材(木製とプラスチック製)の特長を考慮して、目的に合ったハンガーを選ぶ

上記のポイントを押さえておけば、ジャケットにピッタリのハンガー選びができるでしょう。お財布事情も考慮しながら、あなたにとってベストなハンガーを手に入れてください。

リネットハンガー

デリカジ編集部で利用している、自宅にいたままクリーニングができるサービス「リネット」では、クリーニングに出すとコースによりこのような立派なハンガーが付いてくるのですが、個人的にはこのハンガーもおすすめです。

関連記事

こちらの記事では、宅配クリーニングのリネット(Lenet)のSNSでの評判を「良い&悪い口コミ」と、両方の角度から見ながら解説していきます。また、デリカジ編集部で実際にリネットを使った際の感想も「ワイシャツ・スーツ(上下)・ネクタイ[…]

こちらの記事では、スーツ上下とワイシャツをリネットクリーニングに出した体験談をお話しております。クリーニングの仕上がりを確認する為にスーツのビフォーアフター写真なども載せてますので、気になる方は是非参考にしてみてください。

家から出ないでクリーニングが出せるサービスは、思っていた以上に楽で時間ができますし、思っていたほど高くはありませんでした。

ワイシャツ用ハンガーの選び方

ワイシャツ

ワイシャツ用のハンガー選びに必要なポイントは、下記の3つです。

  • ワイシャツのサイズを測り、サイズに合ったハンガーを選ぶ
  • 肩先の厚みは1cm~2.5cmのハンガーを選ぶ
  • 素材(木製とプラスチック製)の特長を考慮して、目的に合ったハンガーを選ぶ

上記のポイントを押さえておけば、ワイシャツにピッタリのハンガー選びができるでしょう。

ワイシャツの場合は、ジャケットより枚数が多い場合がほとんどだと思います。そのため、まとまった本数で購入できる場合も多いので、しっかり調べた上でできるだけお得に購入するのが良いでしょう。

また、下記の記事ではワイシャツのハンガーについて詳しく解説しています。ワイシャツのハンガーについては下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、ワイシャツ用ハンガーの選び方やおすすめハンガーの紹介など、ワイシャツのハンガーに関するお役立ち情報をお伝えしていきます。「ワイシャツをかけるハンガーなんて、なんでもいいんじゃないの?」と思われている方もいるかもしれない[…]

ワイシャツ ハンガー

スラックス用ハンガーの選び方

スラックス

すでにお話ししたように、スラックス用ハンガーには3つのタイプがあります。それぞれのタイプで特長が変わってくるので、選び方としては目的に合ったタイプのハンガーを選ぶのが良いでしょう。

スラックス用ハンガーのタイプについて、下記の表にまとめてみました。

バータイプ
スラックス用ハンガー バータイプ
【出典:amazon
【特長】
・ハンガーを取らずにスラックスを掛けることができる
・クローゼットの中でもかさばらない
・バー部分には、スラックスが落ちないように滑り止め加工がされている

クローゼットにスラックスをたくさん保管したい方や、クリップで挟んだりするのが面倒くさい方におすすめのスラックス用ハンガーです。

クリップタイプ
スラックス用ハンガー クリップタイプ
【出典:amazon
【特長】
・スラックスだけでなく、スカートにも使うことができる
・クリップを動かせるので、様々なウエストサイズのスラックスに対応できる

クリップ部分の形状や材質によっては、スラックスに挟んだ跡が付いてしまうことがあるので、事前にしっかり確認しておくと良いでしょう。汎用性が高いスラックス用ハンガーが欲しい方におすすめのスラックス用ハンガーです。

ズボン吊りタイプ
スラックス用ハンガー ズボン吊りタイプ
【出典:amazon
【特長】
・スラックスの裾部分を挟むことで、スラックス自体の重みで”はきジワ”が取れやすい
・クリップタイプと比べ、スラックスを挟みやすい

ズボン吊りタイプのスラックス用ハンガーも、挟む部分の形状や材質によって跡が付く可能性があります。事前に確認しておくのが良いでしょう。スラックスのシワをケアしたい方におすすめのスラックス用ハンガーです。

それぞれのタイプでけっこう特長が異なります。それぞれの特長を考慮しながら、目的に合ったお好みのスラックス用ハンガーを選びましょう。

【素材・用途別】ジャケット用ハンガーおすすめ3選

こちらでは、素材別・用途別で1番おすすめのジャケット用ハンガーを紹介していきます。

  1. 『高級感のある見た目で壊れにくい』おすすめ木製ハンガー
  2. 『軽くて水に強く、価格も安い』おすすめプラスチック製ハンガー
  3. 『出張時などの持ち運びに便利』おすすめ持ち運び用ハンガー

こちらで紹介するハンガーの情報を参考に、あなたにピッタリのジャケット用ハンガーを探してみてください。

①『高級感のある見た目で壊れにくい』おすすめ木製ハンガー

ジャケット用ハンガー ナカタハンガー【出典:amazon

【NAKATA HANGER】メンズ ジャケットハンガー  NH-2
価格33,000円
サイズ幅:430㎜、厚さ:60㎜
木材 ブナ

職人さんが1つの木材から削り出して作っている、木製ハンガーの最高峰とも言えるジャケット用ハンガーです。職人さんの熟練の技で作り出される各所のカーブは、手作業ならではの仕上がりとなっています。

こだわりの木材、製法、職人さんの技術が合わさったハンガーのため、適正価格とはいえかなり手が出にくい価格となっています。NAKATA HANGERの中でも、1ランク下の『AUT-02』というジャケット用ハンガーは、価格も13,200円と少し手が出やすい価格となっているので、こちらを検討するのも良いでしょう。

「ハンガーにそこまでお金が出せない…」という方は、下記のハンガーもおすすめです

ジャケット用ハンガー 木製ハンガー【出典:amazon

【DUOFIRE】 ジャケット・コート用木製ハンガー 5本組セット
価格2,580円
サイズ幅:約445㎜、厚さ:55㎜

木製のジャケット用ハンガーを安く手に入れたい場合には、こちらのハンガーがおすすめです。NAKATA HANGERと比べてしまうと見劣りしてしまいますが、ただのハンガーよりは十分役立ってくれます。

②『軽くて水に強く、価格も安い』おすすめプラスチック製ハンガー

 

ジャケット用ハンガー プラスチック製【出典:amazon

【東京ハンガー】スーツハンガー NO.880-M 5本セット
価格2,525円
サイズ【M】幅:405㎜、厚さ:65㎜
【L】幅:435㎜、厚さ:65㎜
材質ポリプロピレン

ジャケットに合うように、しっかりカーブの加工が施されています。プラスチック製ハンガーの中では、ハンガーのフォルムが木製高級ハンガーのフォルムにかなり近い形状となっています。また、サイズも2種類用意されているので、いろんなサイズのジャケットに対応することができます。

老舗ハンガーメーカーのハンガーですが、価格も手が届きやすいのでおすすめです。

「できるだけ安いハンガーが欲しい…」という方は、下記のハンガーもおすすめです

ジャケット用ハンガー プラスチック製
【出典:amazon

【長塩産業】No,5 プラスチックハンガーM サイズ バー付き
価格308円
サイズ【M】幅:420㎜、厚さ:40㎜
【L】幅:455㎜、厚さ:40㎜
材質ポリプロピレン

こちらのハンガーは、カーブの加工が施され肩先の厚みも4cmあるので、しっかりジャケット用ハンガーの条件を満たしながらも、リーズナブルな価格設定がうれしいハンガーです。5本揃えたとしても1,540円なので、できるだけ安くジャケット用ハンガーを揃えたい方にはおすすめです。

③『出張時などの持ち運びに便利』おすすめ持ち運び用ハンガー

キャリーハンガー【出典:amazon

【Onta well】ガーメントバッグ用トラベルハンガー 2本セット
価格1,058円
サイズ幅:約430㎜、厚さ:9㎜
【フック収納時】幅:約430㎜、厚さ:9㎜
材質ポリプロピレン

出張の時や冠婚葬祭の時には、スーツを持ち運ばなくてはならない場合もあると思います。このハンガーはフック部分を収納することができるので、ガーメントバッグにスーツを収納するときにはとても便利です。ジャケット用ハンガーとしては肩先部分の厚みが物足りないので、持ち運び専用ハンガーとして使うようにしましょう。

【素材別】ワイシャツ用ハンガーおすすめ2選

続いて、素材別で1番おすすめのワイシャツ用ハンガーを紹介していきます。

  1. 『高級感のある見た目で壊れにくい』おすすめ木製ハンガー
  2. 『軽くて水に強く、価格も安い』おすすめプラスチック製ハンガー

基本的にワイシャツは複数枚所持している場合が多いと思うので、まとめてセットで購入できるハンガーを中心に選びました。ジャケット用ハンガーと同様、こちらで紹介するハンガーの情報を参考に、あなたにピッタリのワイシャツ用ハンガーを探してみてください。

①『高級感のある見た目で壊れにくい』おすすめ木製ハンガー

ワイシャツ用ハンガー【出典:amazon

【NAKATA HANGER】メンズシャツハンガー SET-02(5本組)
価格6,600円
サイズ幅:420㎜、厚さ:20㎜
木材 ブナ

職人さんが手作業で人の体に合わせたカーブを再現しており、木製ワイシャツ用ハンガーとしては最高峰とも言えるハンガーです。厚さも2cmあるので、アイロン後のワイシャツをかけても変なシワができることがなく、ワイシャツが型崩れしてしまうこともありません。

5本セットで購入できる点もポイントが高いワイシャツ用ハンガーです。

「もっと安いワイシャツ用ハンガーが欲しい…」という方は、下記のハンガーがおすすめです
ワイシャツ用ハンガー【出典:amazon
【Qualsen】スーツ・シャツ・コート用木製ハンガー 10本組セット
価格1,780円
サイズ幅:約445㎜、厚さ:12㎜

こちらは、スーツ・シャツ・コート用とありますが、ワイシャツ用として使用するのがおすすめのハンガーです。木製ハンガーで厚みも1.2cmあるので、ワイシャツの型崩れもしっかり予防できるでしょう。

10本で1,780円という価格設定も手が出やすく、ワイシャツ用ハンガーを一式揃えてしまいたい場合にもおすすめです。

②『軽くて水に強く、価格も安い』おすすめプラスチック製ハンガー

ワイシャツ用ハンガー【出典:amazon

【KOBEL】メンズ用シャツハンガー HG407SB 5本セット
価格2,722円
サイズ幅:400㎜、厚さ:30㎜
材質PS発砲樹脂
こちらのハンガーは、肩先の厚みが3cmで少し厚めですが、プラスチック製のワイシャツ用ハンガーとしてはかなりおすすめです。私が調べた範囲での印象となりますが、プラスチック製のワイシャツ用ハンガーはそもそも種類が少なく、選択肢が少ない中ではもっともワイシャツに適したハンガーでした。

こちらのハンガー以外のプラスチック製ハンガーは、ジャケット用であったり、厚みがほとんどないハンガー(よくあるただのプラスチック製ハンガー)が大半です。プラスチック製のワイシャツ用ハンガーが欲しい場合には、こちらのハンガーを選ぶのが良いでしょう。

「もっと安いハンガーが欲しい…」と言う方は、ワイシャツ用ではない上に薄いですが、ただのプラスチック製ハンガーが良いでしょう

【タイプ別】スラックス用ハンガーおすすめ3選

続いて、タイプ別で1番おすすめのスラックス用ハンガーを紹介していきます。

  1. 『たっぷり収納、手間いらず』おすすめバータイプハンガー
  2. 『ダントツの汎用性』おすすめクリップタイプハンガー
  3. 『吊るすだけで簡単シワ予防』おすすめズボン吊りタイプハンガー

基本的にスラックスは複数本所持している場合が多いと思うので、複数セットで購入できるハンガーを中心に選びました。こちらで紹介するハンガーの情報を参考に、あなたにピッタリのスラックス用ハンガーを探してみてください。

①『たっぷり収納、手間いらず』おすすめバータイプハンガー

スラックス用ハンガー バータイプ

【出典:amazon

【NAKATA HANGER】木製スラックスハンガー SET-11(5本組)
価格11,000円
サイズ幅:385㎜、厚さ:15㎜
木材ブナ

こちらのハンガーは、バー部分に適度な厚みがあるのでスラックスに掛けた跡が付きにくく、フェルト加工も施されているためスラックスが落ちにくい作りとなっています。スラックスも複数本を所持している場合がほとんどだと思うので、5本セットで購入できるのもうれしいポイントです。

NAKATA HANGERは職人さんが手作業で1本1本作っていますし、木材もハンガーに適したブナを使用しているので、価格は高いですが文句なしでおすすめのハンガーです。

「できるだけ安いハンガーが欲しい…」という方は、下記のハンガーもおすすめです

スラックス用ハンガー バータイプ

【出典:amazon

【ナガシマハンガー】スラックスハンガー NL-S01(5本セット)
価格973円
サイズ幅:330㎜、厚さ:13㎜
材質ハンガー部分:ポリプロピレン
スベリ止め部分:ABS樹脂(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)

こちらのハンガーは、プラスチック製で値段もかなり安いですが、他のハンガーと比べてバー部分が適度に厚みがあるので、スラックスに掛けた跡がつきにくく、滑り止め加工もされているのでスラックスが落ちにくいようになっています。

しっかりハンガーの役割を果たしてくれる、コストパフォーマンスが高いおすすめハンガーです。

②『ダントツの汎用性』おすすめクリップタイプハンガー

スラックス用ハンガー クリップタイプ

【出典:amazon

【NAKATA HANGER】木製スカート・ボトムハンガー SET-05(5本組)
価格3,850円
サイズ幅:280㎜、厚さ:13㎜
木材ブナ

こちらのハンガーは、クリップ部分にビニールカバーが付いているので、スラックスが滑り落ちないようになっています。また、高級感がある木製ハンガーなので、クローゼットを上品に演出してくれることが期待できます。

こちらもNAKATA HANGER製なので、職人さんが手作業で1本1本作っていますし、木材もハンガーに適したブナを使用しているので、価格は少し高めですが文句なしでおすすめのハンガーです。

「できるだけ安いハンガーが欲しい…」という方は、下記のハンガーもおすすめです
スラックス用ハンガー クリップタイプ

【出典:amazon

【Rayzi】ステンレス鋼 ズボン・スカートハンガー(10本組)
価格999円
サイズ幅:285㎜、厚さ:12㎜
材質ステンレス

こちらのハンガーは、金属製のハンガーなので水に強く、クリップ部分にもビニールカバーが付いているので、スラックスが落ちにくいようになっています。また、クリップの動く範囲が広いので、いろんなサイズのスラックスやスカートに使うことができます。

10本組なので少し数が多すぎるかもしれないですが、それでも999円なのでコストパフォーマンスが良いおすすめハンガーです。

③『吊るすだけで簡単シワ予防』おすすめズボン吊りタイプハンガー

スラックス用ハンガー ズボン吊りタイプ【出典:amazon

【NAKATA HANGER】木製ズボン吊りハンガー SET-06B(5本組)
価格9,900円
サイズ幅:300㎜、厚さ:25㎜
木材ブナ

こちらのハンガーは、スラックスを挟む部分にフェルトが貼られているため、スラックスにやさしく落ちるのも防止してくれます。また、挟む部分の中央部には隙間を作ってあり、スラックスの裾を挟んだ場合に縫い目が来るように工夫されています。木製ハンガーなので高級感があり、クローゼットを上品に演出してくれるでしょう。

こちらもNAKATA HANGER製なので、『職人さんが手作業で1本1本作っている』『木材はハンガーに適したブナを使用』といった特長は、他のNAKATA HANGER製のハンガーと同じです。価格は高めですが文句なしでおすすめのハンガーです。

「できるだけ安いハンガーが欲しい…」という方は、下記のハンガーもおすすめです
スラックス用ハンガー ズボン吊りタイプ

【出典:amazon

【LOHAS Home】木製ズボンハンガー 5本組セット
価格1,599円
サイズ幅:245㎜、厚さ:22㎜

こちらのハンガーは価格はかなり安いですが、『スラックスを挟む部分にはフェルト加工がされている』『挟む部分の中央部には隙間も作られている』といった面ではしっかり工夫がされているので、しっかりポイントは押さえて作られています。

NAKATA HANGER製のズボン吊りタイプと比べると、挟む部分の幅が少し短いですが、裾を挟むのであれば普通のスラックスなら問題ないでしょう。コストパフォーマンスが高いおすすめハンガーです。

スーツをハンガーで保管する場合の『向き』や『掛け方』について

スーツやワイシャツにピッタリ合うハンガーが見つかったら、次は保管する際の注意点についてお伝えしていきたいと思います。

  1. スーツ保管時の『向き』について
  2. スーツ保管時の『掛け方』について

スーツをハンガーに掛けて保管する場合には、上記の2つが注意点となります。この2つをしっかり意識しながら、スーツを良い状態で保管するようにしてください。

①スーツ保管時の『向き』について

スーツ

スーツ用のハンガーの多くは、ゆるやかにカーブしているハンガーが多いです。ジャケットをハンガーに掛ける際には、どの『向き』が正しいのか迷ってしまう場合もあるかと思いますが、正しいのはジャケットの背中側にハンガーのカーブ面が来るように掛けるのが正解です。(イメージとしては、ハンガーに掛けたジャケットが猫背になるようなハンガーの向きが正解)

また、ハンガーに掛けたスーツは、上の画像のように必ず『向き』を同じ方向にして保管するようにしましょう。この『向き』がバラバラだと、スーツを取り出す際にスーツ同士がこすれてしまうので、スーツの生地を傷めてしまいます。スーツ同士の間隔は3cm前後空けるのが良いでしょう。

②スーツ保管時の『掛け方』について

スーツ

次にハンガーの『掛け方』についてですが、まずは『向き』でもお伝えしたように正しい向きでジャケットをハンガーに掛けてください。

ジャケットが左右対称になるように調節しながら、ジャケットの形を整えていきます。また、ジャケットのボタンは風通しを良くするために、留めないようにしましょう。これで型崩れしにくい正しい『掛け方』の完成です。

また、スーツの保管については下記の記事で詳しく紹介しているので、スーツの保管に関するお役立ち情報は下記の記事からチェックしてください。

関連記事

この記事では、スーツの保管方法について詳しく解説していきます。スーツの寿命は、大きく分けると『保管方法』と『お手入れ』で決まってきます。お手入れまでは意識して行っている方も多いでしょうが、意外と軽視されがちなのが保管です。「スーツを[…]

スーツ 保管

まとめ|スーツのハンガーは、『サイズ・目的・用途』に合ったものを選ぼう!

ここまでスーツ用ハンガーの種類や選び方についてお伝えしてきました。ハンガーは正しい選び方をしないと、スーツの型崩れやシワの原因となることがあり、スーツの寿命を縮める事にもなります。

  • スーツ用ハンガーには、『ジャケット用』『ワイシャツ用』『スラックス用』の3種類がある
  • ハンガーを選ぶポイントは、『サイズ』『目的』『用途』の3つがある
  • ハンガーの価格は、高いものから安いものまでかなり幅がある
  • スーツを保管するときは、ハンガーの『向き』『掛け方』に注意する

スーツを長持ちさせるためには、ハンガー選びがかなり重要です。お気に入りのスーツと長くお付き合いするために、ハンガー選びは楽しみながらも真剣にしてほしいと思います。お気に入りのハンガーを見つけることができれば、クローゼットを見るたびに気分が上がることも期待できるでしょう。

価格にはかなり幅があるので、お財布事情も考慮しながらお気に入りの1本を見つけてほしいと思います。

スーツを長持ちさせるのにハンガーが大切なことはお分かり頂けたと思いますが、日ごろのお手入れも長持ちさせるためには重要なポイントです。スーツのお手入れについては下記の記事で解説しているので、よかったら参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、スーツのお手入れについて詳しく解説していきます。スーツを良い状態に保ち、着た時にも『ビシッ!』とした印象を持たせるには、日ごろからのお手入れがとても重要です。また、せっかく買ったお気に入りのスーツですから、「できるだけ[…]

スーツ お手入れ

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
スーツ ハンガー
最新情報をチェックしよう!