スーツは家で洗濯(水洗い)できる?洗濯機&手洗い方法と頻度を解説!

この記事では、スーツの洗濯方法について知っておくべき基礎知識から、詳しい洗濯方法までをお伝えしていきます。

「基本的にスーツはクリーニングに出す!」と言う方がかなり多いかと思います。でも、実はポイントさえしっかり押さえておけば、自宅で洗濯できるスーツもけっこうあります。自宅での洗濯方法をマスターできれば、クリーニング料金を節約することにもつながるので経済的と言えるでしょう。

クリーニングと自宅での洗濯を上手に使い分けて、大切なスーツを長く着られるようにお手入れしていきましょう!

『洗えるスーツ』か『洗えないスーツ』をしっかり確認する

まず一番初めにチェックすべきことは、『洗濯しようとしているスーツが、自宅で洗濯できるスーツなのか?』です。

  1. 洗濯表示をチェックする
  2. 水洗いできる(洗濯機で洗える)スーツ
  3. 手洗いできる(洗濯機では洗えない)スーツ
  4. ウォッシャブルスーツについて

上記の内容で、順番に説明していきたいと思います。

スーツの中にはそもそも水洗いができないスーツもあるので、水洗いできないスーツを自宅で洗濯してしまった場合には、型崩れや生地が縮んでしまう可能性があります。「洗えるスーツ」か「洗えないスーツ」なのかをチェックする方法や、それぞれのスーツについてお伝えしていきます。

洗濯表示をチェックする

洗濯表示の一覧を見ると、洗濯表示がたくさんあって混乱するかもしれないですが、衣類の洗濯に関する洗濯表示は大きく分けると3種類しかありません。

下記にその3種類の洗濯表示を紹介しておくので、スーツの洗濯表示を確認する参考にしてください。

【水温は40 ℃を上限とし、洗濯機で水流の弱い洗濯が出来る】
※数字=水温の上限
※下線=水流の強さ(下線の本数が多いほど、弱い水流で洗濯する必要がある)
水温、水流の強さに注意して、自宅の洗濯機で洗濯ができる
【水温は40 ℃を上限とし、手洗いの洗濯ができる】

自宅の洗濯機で洗濯はできないが、手洗いでの洗濯はできる

【家庭での洗濯禁止】

洗濯機でも手洗いでも、自宅での洗濯はできない

洗濯表示を確認せず、スーツを普通に洗濯してしまうと、スーツを傷めてしまい寿命が縮んでしまう可能性があります。上記の洗濯表示を参考に、自宅で洗濯する前に必ずスーツの洗濯表示をチェックするようにしましょう。

水洗いできる(洗濯機で洗える)スーツ

【新】洗濯表示【旧】洗濯表示

こちらは、自宅で洗濯できるスーツの洗濯表示です。

すでに上の表でお伝えしていますが、写真の一番左上のような洗濯表示があるスーツは、自宅の洗濯機で洗濯をすることができます。水温や水流については、洗濯表示にしたがって洗濯するように注意しましょう。

手洗いできる(洗濯機では洗えない)スーツ

【新】洗濯表示【旧】洗濯表示

こちらは、自宅で手洗いできる衣類の洗濯表示です。

こちらもすでにお伝えしているように、写真の一番左上のような洗濯表示があるスーツは、自宅で手洗いで洗濯をすることができます。洗濯機で洗えるスーツよりデリケートな場合が多いので、丁寧に扱ってやさしく洗濯をするようにしましょう。

ウォッシャブルスーツについて

自宅の洗濯機で洗えることが強みのウォッシャブルスーツは、近年いろんなスーツメーカーが出し始めた比較的新しいスーツです。

  • 自宅の洗濯機で洗濯できる
  • 特殊な加工を施した繊維を使用しているため、生地が縮みにくく型崩れしにくい
  • 普通のスーツと比べ、折り目が付きにくくシワになりにくい

上記のような特長のあるウォッシャブルスーツですが、スーツのケアが簡単なことも人気のひとつと言えます。「クリーニング代を節約しながら、できるだけ簡単に自宅でスーツのケアをしたい!」といった方は、ウォッシャブルスーツを検討してみるのも良いでしょう。

スーツを自宅で洗濯する頻度や注意点について

次は、スーツを自宅で洗濯する場合の頻度や、気をつけたい注意点についてお伝えしていきます。

  1. 洗濯する頻度はどれくらい?
  2. ポケットの中を確認する
  3. シワや風合いの変化に注意する
  4. 色落ちしないか事前に確認する
  5. ほつれや穴あきなど、破損がないか確認する

上記の内容で、順番に説明していきたいと思います。

いくらスーツが自宅で洗濯できると言っても、普通の衣類のように毎日洗濯するのは手間がかかりますし、スーツの寿命を縮めてしまいます。また、洗濯前にチェックしておかないと、後でスーツが色落ちや破損してしまうこともあるので、ここでお伝えする内容はしっかり理解するようにしてください。

洗濯する頻度はどれくらい?

スーツの洗濯頻度については、洗濯しすぎてもスーツが傷んでしまうので、クリーニングの頻度と同様『夏は2週間に1回』『冬は1シーズンに1回』程度か、これより少し長めの頻度にしておくと良いでしょう。

クリーニングより自宅で洗濯する場合の方が、多くの場合でスーツに負担がかかってしまいます。スーツの寿命を長くするためにも、洗濯のしすぎには注意して洗濯するようにしてください。

ポケットの中を確認する

スーツのポケットにボールペンやレシートなどが入っていると、インクが染み付いてしまったり、ゴミがへばりついたりします。洗濯をする前にしっかり確認しておきましょう。

シワや風合いの変化に注意する

スーツは基本的に自宅で洗濯できない場合が多いです。これは、スーツには水洗い向きではない生地が使われていることが多いのが大きな要因となっています。

そのため、洗濯表示を確認せずにスーツを普通に洗濯してしまうと、『型崩れ』『シワが付いてしまう』『生地の風合いが変わってしまう』などのリスクがあるので、洗濯表示をしっかり確認して注意しながら洗濯しましょう。

色落ちしないか事前に確認する

使う洗剤の種類によっては、スーツを洗濯したときに色落ちしてしまう可能性があります。そのため、洗濯をする前には『使う洗剤でスーツが色落ちしないか』をしっかりテストしておきましょう。

色落ちのチェック方法は、下記の手順にしたがって行ってください。

①使う予定の洗剤をティッシュに付ける

②スーツの目立たない部分に①のティッシュを当て、5分ほどそのまま放置する

③ティッシュにスーツの色が付いていないか確認する

ティッシュにスーツの色が移っていなければ、その洗剤を使っても色落ちすることはないので、その洗剤を使って洗濯するようにしましょう。

ほつれや穴あきなど、破損がないか確認する

スーツ全体をチェックし、ほつれや穴が開いたりしている場合は、残念ですがクリーニング屋さんにお任せした方が無難です。

自宅で無理に洗濯をするとスーツの破損が拡がってしまい、予期せぬタイミングでスーツに別れを告げなくてはならなくなってしまいます。クリーニング屋さんによっては、スーツの補修対応をしているクリーニング屋さんもあるので、破損部分の補修についても相談してみると良いでしょう。

自宅でスーツを洗濯する方法【洗濯機編】

それでは、洗濯機を使ったスーツの洗濯方法について、詳しくお伝えしていきたいと思います。まずは洗濯機でスーツを洗濯するにあたって、下記の必要なアイテムを準備していきましょう。

用意するもの

  • おしゃれ着用洗濯洗剤
  • 大きめの洗濯ネット
  • バスタオル

洗濯機でスーツを洗濯するために必要なアイテムは、上記の3つです。比較的簡単に揃えられるので、ドラッグストアやドン・キホーテなどで揃えると良いでしょう。

洗濯方法

いよいよ具体的な洗濯の手順についてお伝えしていきます。詳しい手順は全部で7つです。

  1. 汚れ・シミがある場合は、洗剤を直接付ける
  2. スーツをふんわりたたむ
  3. スーツを洗濯ネットに入れる
  4. 洗濯機のコース設定を、やさしく洗えるコースに設定する
  5. 洗剤は溶かしてから入れる
  6. 脱水はしない、または一番短い時間に設定する
  7. 洗濯機のスターとボタンを押す

ここからは写真を使いながら、できるだけ詳しく解説していきたいと思います。

①汚れ・シミがある場合は、洗剤を直接付ける

洗濯する前にスーツ全体をチェックし、汚れやシミがないか確認しましょう。汚れやシミが見つかった場合は、汚れやシミに直接洗剤を付けます。

②スーツをふんわりたたむ

ジャケットのボタンは留めず、パンツのチャックは閉めて、スーツをふんわりたたみます。たたむことでシワや型崩れを予防することができます。

③スーツを洗濯ネットに入れる

たたんだスーツは洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに入れることで他の衣類と絡んでしまうのを防ぎ、スーツが傷むのを予防することができます。また、ほこりやゴミがスーツに付くのも防げます。

④洗濯機のコース設定を、やさしく洗えるコースに設定する

洗濯機のコース設定は『ドライコース』や『手洗いコース』など、やさしく洗濯できるコースに設定してください。通常のコース設定だと水流が強すぎて、スーツを傷めてしまう可能性があります。

⑤洗剤は溶かしてから入れる

洗剤は、洗濯機に水が溜まってから入れるか、あらかじめ溶かしてから入れるようにしてください。こうすることで、洗剤の洗浄成分が万遍なくスーツ全体に届き、洗浄効果が偏ることを防いでくれます。

⑥脱水はしない、または一番短い時間に設定する

スーツに限らず、脱水は衣類を傷める大きな原因となります。そのため、脱水はしないか一番短い時間に設定し、できるだけスーツが傷むのを防ぐようにしましょう。

洗濯後はスーツが水分を含んでボタボタと水が垂れてしまうと思いますが、スーツの水分はタオルで吸収するようにしてください。

⑦洗濯機のスタートボタンを押す

ここまでの準備と設定が終わったら、あとは洗濯機のスタートボタンを押すだけです。洗濯が終わるまでの時間は、他の家事を済ませておくなどして、時間を有効活用するのも良いでしょう。

自宅でスーツを洗濯する方法【手洗い編】

続いて、手洗いでのスーツの洗濯方法について、詳しくお伝えしていきます。手洗いで洗濯する場合でも、まずは下記の必要なアイテムを準備していきましょう。

用意するもの

  • おしゃれ着用洗濯洗剤
  • 洗濯桶
  • タオル

手洗いでスーツを洗濯するために必要なアイテムは、上記の3つです。洗濯桶以外は簡単に揃えられると思いますが、洗濯桶がない場合は、お風呂の湯船や洗面化粧台を活用すると良いでしょう。

洗濯方法

いよいよ具体的な洗濯の手順についてお伝えしていきます。詳しい手順は全部で6つです。

  1. スーツをたたむ
  2. 洗濯桶に水を溜め、洗剤を溶かす
  3. やさしく押し洗いをする
  4. つけ置きする
  5. すすぐ
  6. タオルである程度の水分を吸収する

ここからは写真を使いながら、できるだけ詳しく解説していきたいと思います。

①スーツをたたむ

手洗いの場合は型崩れを防止するために、ジャケットのボタンは留め、パンツのチャックは閉めてたたんでください。小さくたたむとシワの原因となる可能性もあるので、2つ折りか3つ折りくらいが良いでしょう。

②洗濯桶に水を溜め、洗剤を溶かす

あらかじめ洗剤を溶かしておくと、スーツ全体に洗剤が行き届くのでちゃんとスーツ全体を洗うことができます。

③やさしく押し洗いをする

スーツを傷めないように、”やさしく”押し洗いすることがポイントです。やさしく押し洗いするだけで、だんだん水が汚れてきます。強く押し洗いしないように注意しましょう。

④つけ置きする

何度か押し洗いをしたら、かるく形を整えて10分~15分ほどつけ置きをしましょう。10分~15分経ったら、ひっくり返してさらに10分~15分つけ置きしてください。

⑤やさしくすすぐ

きれいな水で、何度か押し洗いをするように”やさしく”すすぐのがポイントです。ジャブジャブ勢いよくやらないように注意しましょう。

⑥タオルである程度の水分を吸収する

すすぎが終わったら、シワにならないように気をつけながら、できるだけ水を切ってタオルである程度の水分を取り除いてください。

スーツの洗濯後にやること|干し方・アイロンがけ・お手入れ方法について

ここでは、スーツを洗濯した後の取り扱いや、自宅での日々のお手入れについてお伝えしていきます。

  1. スーツの干し方
  2. スーツのアイロンがけ
  3. スーツのお手入れ方法

上記の3つがポイントとなってくるので、順番に解説していきたいと思います。

①スーツの干し方

スーツを干す場合には、洗濯が終わったらすぐに干すようにしてください。ジャケットは厚みがあるハンガーを使い、パンツはピンチハンガーを使って筒状になるように干しましょう。

また、直射日光が当たる場所だと色焼けしてしまうので、風通しの良い場所で陰干ししてください。

②スーツのアイロンがけ

スーツは、少し生乾きの状態でアイロンがけするとシワが伸びやすく、アイロンがけ楽になります。また、アイロンがけの際には当て布をするようにしましょう。

スーツのアイロンがけについては、下記の記事で写真を使いながら詳しく解説しているので、こちらの記事で詳細を確認してください。

関連記事

この記事では、スーツのアイロンがけについて詳しくお伝えしていきます。スーツにシワが付いたり、スラックスのセンタープレス(折り目)が取れてきた場合には、多くの方が基本的にクリーニングを利用していると思います。しかし、毎回毎回クリーニン[…]

スーツ アイロン

③スーツのお手入れ方法

スーツのお手入れについてですが、せっかくお気に入りのスーツを高いお金で買ったのですから、スーツはできるだけ長く着続けたいはず。実は日々のお手入れをするかしないかで、スーツは寿命にかなりの違いが出てきます。

スーツのお手入れ方法を、簡単に下記にまとめたのでぜひ参考にしてほしいと思います。

スーツのお手入れ方法(簡易版)

①厚めのハンガーにかける
スーツを針金などの細いハンガーにかけると、型崩れやシワの原因となる可能性があります。厚めのハンガーにかけることで、スーツのシルエットを保つことができます。


②ブラッシングする
スーツに付いたほこりや汚れを放っておくと、スーツの生地を傷める原因となる可能性があります。スーツを着たら、少なくとも3回に1回はブラッシングをしましょう。


③シワにはスチームをかける
スーツに細かいシワが付いてしまった場合は、シワにスチームアイロンでスチームをかけましょう。これだけで細かいシワを取ることができます。


④着たら最低でも1日は休ませる
1回着たスーツは、汗や湿気をかなり吸収している状態です。スーツを休ませて湿気を取ることで、スーツの寿命を延ばすことができます。


⑤風通しの良い場所で保管する
スーツを保管する場所についても、湿気を吸わないように風邪通しの良い場所で保管しましょう。スーツ同士の間隔も、2~3cmほど離しておくと風通しが良くなります。

スーツのお手入れは上記の5つがポイントとなってきます。もっと詳しく知りたい方は、下記の記事で写真を使いながら分かりやすく解説しているので、こちらを参考にしてください。

関連記事

この記事では、スーツのお手入れについて詳しく解説していきます。スーツを良い状態に保ち、着た時にも『ビシッ!』とした印象を持たせるには、日ごろからのお手入れがとても重要です。また、せっかく買ったお気に入りのスーツですから、「できるだけ[…]

スーツ お手入れ

自宅での洗濯が面倒な場合はクリーニングもあり!

スーツを自宅で洗濯する場合、メリットもあればデメリットもあります。人によってメリットとデメリットの感じ方も違ってくると思いますが、優先順位によっては自宅で洗濯するのではなく、クリーニングに出してしまう方が良い場合もあるでしょう。

スーツを自宅で洗濯する場合のメリットとデメリットを、下記の表にまとめてみました。

メリット
  • お金の節約ができる
  • 納期を気にする必要がない
  • クリーニングに出しに行く必要がない
デメリット
  • クリーニングと比べると、仕上がりが劣る
  • 気を付けないと、スーツがダメになる可能性がある
  • 手間がかかる
  • 時間が取られる

上記のメリットとデメリットを見比べながら、自宅で洗濯するかクリーニングに出すかを決めるのが良いでしょう。

  • 『仕上がりを重視している』
  • 『自分の時間の確保を重視している』
  • 『面倒なことがイヤだ』

上記の3つに当てはまる場合は、「クリーニングに出した方がストレスなく快適だ」と感じる可能性が高いです。スーツのクリーニングについては下記の記事で詳しく解説しているので、こちらを参考にクリーニングも検討してみてください。

関連記事

この記事では、知っておくと良いスーツのクリーニングに関する基礎知識や、さまざまな疑問について解説していきます。スーツは比較的高価で、ワイシャツなどと比べると気軽に買い替えることが難しいビジネスアイテムです。せっかくお気に入りのスーツを高[…]

スーツ クリーニング

まとめ|スーツはしっかりポイントを押さえて洗濯しよう!

ここまでスーツの自宅での洗濯方法についてお伝えしてきました。自宅での洗濯はポイントをしっかり押さえておかないと、予期せぬタイミングでお気に入りのスーツとお別れをすることになることもあります。

  • 『洗えるスーツ』か『洗えないスーツ』かを確認する
  • 洗濯方法は、『洗濯機』と『手洗い』の2種類がある
  • 自宅での洗濯は、ポイントをしっかり押さえる必要がある
  • 洗濯後のケアをしっかりしておく
  • 場合によってはクリーニングもおすすめ

大まかには上記の5つを頭に入れて、スーツの洗濯にチャレンジしてみましょう。

スーツを自宅で洗濯する方法をマスターすれば、お金を節約しながらスーツをキレイに維持できます。お気に入りのスーツを自分で洗濯すると、さらに愛着のある1着となって大切に着るようにもなるので、結果的に長くスーツとお付き合いしていけます。

コツをつかむまでは何回かチャレンジして、ぜひ自宅での洗濯も選択肢の1つとして取り入れてみてください。

また、クリーニングを利用するのも選択肢の1つとお伝えしましたが、最近ではクリーニングに出しに行く必要がない”宅配クリーニング”というサービスが人気です。下記の記事では人気の宅配クリーニングを5社紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

関連記事

この記事では「世間一般的におすすめな宅配クリーニングの見つけ方」から始まり、「2021年最新版!人気宅配クリーニングの比較ランキング」も紹介していきます。その他にも「そもそも宅配クリーニングとは?」といった疑問や「宅配クリーニングを[…]

宅配クリーニング 比較 ランキング

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
スーツ 洗濯
最新情報をチェックしよう!