スーツの収納術|クローゼット・ケース・バッグごとに収納方法を解説

この記事では、スーツの収納について詳しく解説していきます。

スーツは収納方法を間違えてしまうと、型崩れ・シワ・虫食いなどが原因で、思わぬタイミングでお気に入りのスーツとお別れしなくてはいけなくなる恐れがあります。また、「クローゼットがいっぱいで、スーツを収納するスペースがない!」という場合もあるかと思いますが、スーツはハンガーにかけて収納する以外にも収納方法があります。うまく収納方法を組み合わせれば、スペースの有効活用にもつながっていきます。

正しい収納方法を知ることでスーツを長持ちさせ、クローゼットの容量に合わせた収納方法でスペースを有効活用しましょう。

はじめに|スーツの収納方法を間違えてしまうと?

スーツ 収納

スーツの収納は、スーツの寿命を左右する重要なポイントです。保管と似ている部分も多くありますが、収納方法によっては型崩れ・シワ・虫食いなどが原因でスーツを傷めてしまうことになります。普段のお手入れをしっかりしていても、収納方法を間違えてしまうとせっかくのお手入れが台無しとなってしまいかねません。

お気に入りのスーツや奮発して買った高いスーツは、特に長く着続けたいと思う方が大半だと思います。せっかくのスーツや普段のお手入れを台無しにしないためにも、収納方法にまで気を配って正しい方法で収納するように心がけてほしいと思います。

スーツの収納方法【クローゼット編】

ここでは、スーツのクローゼットでの収納方法について解説していきます。主にスーツをハンガーにかけて収納するわけですが、収納に当たって気をつけるべきポイントをいくつか簡単に解説していきたいと思います。

スーツをクローゼットで収納するポイント

ポケットの中身はすべて出しておく
スーツのポケットに物が入ったまま収納すると、物の重みでスーツが型崩れする恐れがあります。必ずすべてのポケットを確認しておくようにしましょう。


サイズに合わせたスーツ専用ハンガーを使う
スーツとサイズの合っていないハンガーや、スーツ専用ではないハンガーを使うと、スーツが型崩れしてしまう恐れがあります。スーツを収納する場合には、ジャケット用とスラックス用でそれぞれ専用のハンガーを使うようにしましょう。
⇒ハンガーの選び方はこちらをチェック!


ブラッシングでお手入れする
ブラッシングしないで収納すると、テカリや虫食いの要因となる恐れがあります。ブラッシングはスーツのお手入れの基本です。毎回はできなくても、3回に1回はブラッシングをするようにしてください。
⇒正しいブラッシング方法はこちらをチェック!


クローゼット内の環境を整える
クローゼット内の環境を、スーツにとって良い環境に整えることも重要です。具体的には『湿気対策』と『虫食い対策』に分けられます。下記に1例を挙げておくので参考にしてください。
・『湿気対策』⇒除湿剤を使う、できるだけ風通しを良くする、スーツ同士の間隔を開けるなど
・『虫食い対策』⇒防虫剤を使う、できるだけ風通しを良くするなど


長期間着ないスーツの収納は、クリーニングに出してから
長期間着る予定がないスーツをお手入れせずに収納すると、カビや臭いが発生する恐れがあります。しっかりお手入れしてから収納することが大切なので、クリーニングに出してから収納するのが良いでしょう。ただし、クリーニング後の注意点もあるので、注意しながら収納するようにしてください。
⇒クリーニング後の注意点についてはこちらをチェック!

上記の内容については、実はスーツの保管方法とほとんどの部分で同じです。

下記の記事では、スーツの保管方法について、写真を使いながらより詳しく解説しています。クローゼットでの収納については、こちらの記事を参考にしてみるのもおすすめなのでチェックしてみてください。

関連記事

この記事では、スーツの保管方法について詳しく解説していきます。スーツの寿命は、大きく分けると『保管方法』と『お手入れ』で決まってきます。お手入れまでは意識して行っている方も多いでしょうが、意外と軽視されがちなのが保管です。「スーツを[…]

スーツ 保管

スーツの収納方法【たたむ編】

ここでは、スーツをたたんで収納する方法について解説していきます。

クローゼットがいっぱいでスーツをかける場所がない場合や、出張時などスーツをコンパクトに収納したい場合では、たたんでの収納方法が活躍してくれると思います。家のデッドスペースを有効活用するのにも役立つと思うので、スーツをたたんで収納する方法は知っておいて損はないでしょう。

まずは、どんな場面でも使えるスーツのたたみ方の基本について、お伝えしていきたいと思います。

スーツのたたみ方【基本編】

スーツ たたみ方 ボタン留め①まず、ジャケットのボタンを留めます。

スーツ たたみ方 背面②ジャケットを裏返し、背中側が上になるようにします。

スーツ たたみ方③襟(えり)から肩先の真ん中あたりで、縦に折ります。

スーツ たたみ方④袖(そで)も③で折ったラインと平行になるように折ります。

スーツ たたみ方⑤反対側も③と④の順で、同様に折ります。ジャケットは一旦ここで終了です。

スラックス たたみ方⑥スラックスは、まずセンタープレスに沿って折ります。

⑦次にスラックスの真ん中あたりで1回折り、さらにもう1回折ります。

スーツ たたみ方⑧折りたたんだスラックスを、⑤のジャケットと重ねて置きます。

スーツ たたみ方⑨ジャケットの裾(すそ)を、スラックスにかぶせる様におります。

スーツ たたみ方⑩ひっくり返して形を整えれば、これで完成となります。

こちらのたたみ方は、基本的にどんな場面でも使えるたたみ方です。スーツのたたみ方には、他に『10秒でたたむ方法』や『よりコンパクトにたたむ方法』などもあります。スーツのたたみ方については、下記の記事でより詳しく解説しているので参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、スーツのたたみ方について詳しく解説していきます。「スーツって、たたむことあるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スーツのたたみ方を知っているといろんな場面で役に立ちます。 クローゼットにゆとりがない[…]

スーツ たたみ方

家での収納方法

スーツ 収納 衣装ケース

スーツを正しくたたむことができたら、次はいよいよ収納です。たたんで収納する場合は、タンス、衣装ケースなどに保管することになりますが、そのままたたんで収納するだけだとカビ・臭い・虫食いなどのリスクがあります。収納時に気をつけるのは、主に『湿気対策』と『虫食い対策』です。

・湿気対策⇒除湿剤を使う、定期的にタンスや衣装ケースを開けて風通しを良くする
・虫食い対策⇒防虫剤を使う、定期的にタンスや衣装ケースを開けて風通しを良くする
上記の対策を意識して収納するようにしましょう。

除湿剤や防虫剤は有効期間があります。しっかり有効期間を把握しておくか、定期的に確認して効果が切れないように注意するようにしてください。

また、「そもそも家でスーツを保管しない」といった選択肢を取る方々も増えてきていて、スーツやコートなどをクリーニングに出し、そのまま次のシーズンまで保管してもらうサービスが今人気です。

関連記事

この記事では「世間一般的におすすめな宅配クリーニングの見つけ方」から始まり、「2021年最新版!人気宅配クリーニングの比較ランキング」も紹介していきます。その他にも「そもそも宅配クリーニングとは?」といった疑問や「宅配クリーニングを[…]

宅配クリーニング 比較 ランキング

こちらの記事では、保管サービス付きの宅配クリーニングサービスの解説や、人気な宅配クリーニングサービスの比較をしております。自宅のクローゼットに空きスペースも作れますし、お気に入りの衣類のリフレッシュにもなりますので気になる方は是非参考にしてみてください。

出張時の収納方法

スーツ 収納 出張 スーツケース

出張時では、ガーメントバックを使ってたたまずにスーツを持ち運ぶ場合もあるかと思いますが、誰もがガーメントバックを持っているわけではないので、スーツケースにたたんで収納する場合もあると思います。

スーツケースにたたんで収納する場合には、たたんだ状態の時間ができるだけ短くなるようにしましょう。出かける直前にたたんでスーツケースに入れ、目的地に着いたらなるべく早くスーツをハンガーにかけるようにすると、シワが付いたとしても伸びやすいのでおすすめです。

他にも、たたんだスーツに靴下やタオルなどをはさみ、できるだけスーツをふんわり折った状態で収納すると、深いシワが付いてしまうのを防ぐことができます。また、スーツケースを持ち運ぶときに、スーツがスーツケースの取っ手側にある状態で収納しておくと、スーツケース内の荷物の重みでスーツが押し潰されてしまうのを防げます。

スーツの収納|おすすめ&便利グッズを紹介!

ここでは、スーツの収納グッズを紹介していきます。

”実用性とコスパを兼ね備えているグッズ”や、”あったら便利で使いやすいグッズ”を紹介していくので、収納グッズを選ぶ際の参考にしてみてください。

家で活躍する収納グッズ

まず、家でスーツを収納する場合の収納グッズを紹介していきたいと思います。

  1. アストロ 洋服カバー マチ付(5枚組)
  2. ドウシシャ ハンガーラックプロ
  3. InikoLife 衣類収納ケース(3枚組)
  4. ドライペット&ムシューダ(除湿剤&防虫剤)

今回紹介する収納グッズは上記の4点です。上記とまったく同じ収納グッズでなくても、似ている商品であれば同等の効果が期待できるはずなので、下記を確認した上で収納グッズを選んでみてください。

アストロ 洋服カバー マチ付(5枚組)

スーツ 保管 不織布カバー

こちらは衣類用のカバーですが、クローゼットでスーツをハンガーにかけて収納する際におすすめです。

  • スーツにホコリやゴミが付くのを防げる
  • 不織布製なので通気性が良い
  • マチ付きなので、ジャケット用の厚いハンガーにも使える
  • 防虫剤を入れられるポケット付き
  • 5枚組で¥1,970(amazon調べ)とコスパが良い

この商品は、上記の5点がおすすめポイントとなっています。amazon以外では、上記の値段で購入することができない可能性もあります。他の衣類カバーを検討するようであれば、最低でも不織布製の物を選ぶようにすると良いでしょう。

ドウシシャ ハンガーラックプロ

ハンガーラック【出典:amazon

こちらはキャスター付きのハンガーラックですが、クローゼットがいっぱいな場合やクローゼット内を換気できない場合などにおすすめです。

  • 耐荷重が85kgなので、丈夫で壊れにくい
  • キャスター付きなので、風通しの良い場所などにラクに移動できる
  • 値段が3,981円(amazon調べ)と、比較的手が出やすい

このハンガーラックをスーツ専用にしておけば、普段あまり風通しが良くない場所で収納していても、ハンガーラックごとスーツを風通しが良い場所に移動させることができます。

定期的に風通しが良い場所に移動させることができれば、スーツの湿気対策になるので、カビや臭い予防することができるでしょう。

InikoLife 衣類収納ケース(3枚組)

衣装ケース 不織布【出典:amazon

こちらの衣装ケースは不織布製なので、プラスチック製の衣装ケースと比べると、かなり風通しが良い状態でスーツを収納することができます。

  • 湿気対策や虫食い対策になる
  • 一部が透明になってるので、中身が分かりやすい
  • 3枚組で1,480円(amazon調べ)とコスパが良い

上記の3点がおすすめポイントとなっています。

スーツを収納するのであれば、不織布製の衣装ケースの方がスーツにとっては良い環境で収納することができるので、ぜひ検討してみてほしいと思います。

ドライペット(除湿剤)&ムシューダ(防虫剤)

防虫剤 除湿剤

こちらはドライペット(除湿剤)とムシューダ(防虫剤)です。スーツの収納では、湿気対策と虫食い対策で重宝するアイテムです。写真はクローゼット用ですが、引き出し・衣装ケース用の物もあります。

クローゼットでハンガーにかけて収納する場合でも、衣装ケースにたたんで収納する場合でも、どちらも除湿剤と防虫剤は使っておいた方が安心です。ドライペットとムシューダでなくても良いので、除湿剤と防虫剤は使うようにしましょう。

出張時に活躍する収納グッズ

続いて、出張時のスーツの収納グッズを紹介していきたいと思います。

  1. ガーメントケース(スーツ用)
  2. Jampin’ Jack Journey コンパクトガーメントケース SLIM

今回紹介するのは上記の2点です。どちらもガーメントバッグになりますが、”スーツをたたまずに持ち運ぶタイプ”と”スーツをたたんで持ち運ぶタイプ”の2種類を紹介します。

 ガーメントケース(スーツ用)

ガーメントバッグ

【出典:amazon

こちらは、”スーツをたたまずに持ち運ぶタイプ”のガーメントバッグです。

  • 防塵・防水加工が施されている
  • 重さが約0.5kgとかなり軽い
  • 値段が1,580円(amazon調べ)とコスパが良い

この商品は、上記の3点がおすすめポイントとなっています。多少の雨でも問題なく持ち運びができますし、軽いのも長時間の移動では助かります。また、ガーメントバッグは大体3,000円以上する物が大半ですが、こちらは1,580円で実用性もあるガーメントバッグとなっているのでおすすめです。

Jampin’ Jack Journey コンパクトガーメントケース SLIM

ガーメントケース【出典:amazon

こちらは、”スーツをたたんで持ち運ぶタイプ”のガーメントバッグです。

  • スーツをコンパクトに持ち運べる
  • 折りたたみハンガー付き
  • 値段も2,900円(amazon調べ)と、比較的手が出やすい

この商品は、上記の3点がおすすめポイントとなっています。使い方としては、このガーメントケースにスーツをたたんで収納し、さらにスーツケースに収納して持ち運びをすることになります。

普通にたたむよりコンパクトに収納できるほか、スーツケース内で他の衣類と擦れることがないので、スーツの生地が傷みにくくなるメリットもあります。

【Q&A】スーツの収納に関する疑問を解消します!

ここでは、スーツの収納に関する疑問をQ&A方式で解消していきたいと思います。きっと多くの方が疑問に思うであろう内容をピックアップしたので、疑問の解消に役立てたら幸いです。

Q:スーツをタンスや棚などの家具で収納する場合、何か気を付けるポイントはありますか?

A:『たたみ方』『湿気対策』『虫食い対策』の3つのポイントを意識して収納しましょう!

基本的にはすでにお伝えしている、”たたんで家で収納する方法”と同じで問題ありません。

  • たたみ方⇒間違ったたたみ方はシワや型崩れの原因となるので、正しいたたみ方で収納する
  • 湿気対策⇒除湿剤を使う、定期的にタンスや棚を開けるなど風通しを良くする
  • 虫食い対策⇒防虫剤を使う、定期的にタンスや棚を開けるなど風通しを良くする

上記の3つのポイントを押さえておけば、スーツを良い状態で収納することができるでしょう。

Q:スーツの収納場所は、どんな場所が良いでしょうか?

A:”風通しが良く、直射日光が当たらない場所”が理想的です!

  • 風通しが良い⇒スーツの水分を飛ばすことで、シワ・カビや臭いを予防することができる
  • 直射日光が当たらない⇒スーツの色褪せや変色を予防することができる

上記の理由から、”風通しが良く、直射日光が当たらない場所”が理想的な収納場所となります。しかし、実際にはこの2つの条件(特に風通しが良い)を満たす収納場所はあまり見当たらないかもしれません。その場合は、できるだけ近い条件を再現できるように、工夫して収納することが大切です。

クローゼットで収納する場合、たたんで衣装ケースなどで収納する場合のどちらも、『除湿剤を使う』『定期的に風通しが良い場所に移動、もしくは開け放つ』などの工夫をするようにしましょう。

Q:スーツを省スペースで収納するのに、何か良い方法はありますか?

A:省スペースで収納するなら、たたんで収納するのが良いでしょう!

クローゼットでハンガーにかけて収納する場合、スーツを収納するとそれなりにかさばってしまうので、なんとか省スペースで収納したいと言う方も多いと思います。また、「クローゼットのスペースにゆとりがない!」という場合もあるでしょう。

このような場合には、スーツをたたんで収納する方がコンパクトに収納できるのでおすすめです。スーツをたたむことで、衣装ケース、タンス、棚などの家具で収納することも可能となるので、まずは正しいスーツのたたみ方を身につけてほしいと思います。

スーツのたたみ方については、下記の記事でいろんな場面でのたたみ方を解説しています。スーツのたたみ方を身につけるための参考にしてください。

関連記事

この記事では、スーツのたたみ方について詳しく解説していきます。「スーツって、たたむことあるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スーツのたたみ方を知っているといろんな場面で役に立ちます。 クローゼットにゆとりがない[…]

スーツ たたみ方

まとめ|スーツは、工夫して良い環境を維持しながら収納しよう!

ここまでスーツの収納について、クローゼットでハンガーにかけて収納する場合やたたんで収納する場合、おすすめの収納グッズなどをお伝えしてきました。スーツの収納は、スーツにとって良い環境を維持しながら収納する必要があることが分かったと思います。

  • スーツをクローゼットで収納する場合は、ポイントを押さえて収納する
  • スーツをたたんで収納する場合は、たたみ方にも手順がある
  • 家での収納でも出張時の収納でも、それぞれ意識するポイントがある
  • 収納グッズは、値段と実用性を兼ね備えた物がおすすめ

スーツは正しい方法で収納すれば、スーツを良い状態に保つことができるので長持ちします。また、家のクローゼットの使用状況や、収納スペースがどれくらいあるかによって、スーツの収納方法も変わってきます。

あなたに合ったスーツの収納方法を選び、クローゼットでハンガーにかけて収納する場合もたたんで収納する場合も、それぞれ工夫しながらスーツにとって良い環境で収納するように心がけるようにしましょう。

また、スーツは適切な頻度でクリーニングに出すことで良い状態を保つことができます。結果としてスーツを長持ちさせることにつながるので、クリーニングを活用しながら収納するのがおすすめです。

スーツのクリーニングについては下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、知っておくと良いスーツのクリーニングに関する基礎知識や、さまざまな疑問について解説していきます。スーツは比較的高価で、ワイシャツなどと比べると気軽に買い替えることが難しいビジネスアイテムです。せっかくお気に入りのスーツを高[…]

スーツ クリーニング

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
スーツ 収納
最新情報をチェックしよう!