セーター&ニットの収納術(オン・オフシーズン)とおすすめグッズ紹介

こちらの記事では、セーター・ニットの収納方法について詳しく解説していきます。

セーター・ニットと言っても厚手のものや薄手のものがあるので、その収納方法については頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

セーター・ニットは、オンシーズンとオフシーズンで収納方法を使い分けることで、より良い状態で保管しておくことができます。そうすることで結果的に長持ちすることにも繋がってきます。

  • 「セーターやニットって、どうやって収納するのが良いのかしら?」
  • 「セーターやニットはかさ張りやすいけど、コンパクトに収納する方法はあるの?」
  • 「セーターやニットを、ハンガーで型崩れや跡をつけずに収納することはできる?」
  • 「セーターやニットを賢く収納するアイデアや、おすすめの便利グッズはどんなのがある?」

などなど、上記のような感じでセーター・ニットを収納する方法については、色々とお悩みや気になっている部分もあるかと思います。ここからは、セーター・ニットのオンシーズンとオフシーズンの収納方法や、知っておくと良いコツや知識、おすすめの便利グッズやアイデアなどを中心に解説していきたいと思います。

この記事を参考にセーター・ニットを上手に収納し、毎日の生活が少しでも快適になるお手伝いができれば幸いです。では、順番に詳しく解説していきましょう。

セーター・ニットの収納術|オンシーズンは『たたむ』もしくは『ハンガー』が便利!

ここでは、オンシーズンのセーター・ニットの収納方法について解説していきます。

セーター・ニットを収納するときは、『型崩れ』『シワ』『ハンガー跡』などの部分について、できるだけ気を付けながら収納していると思います。しかし、どんな収納方法であれば『型崩れ』『シワ』『ハンガー跡』を防ぐことができるか分からないので、手探り状態で収納している方が大半ではないでしょうか?

  1. たたみ方から解説!コンパクト&見やすい収納術
  2. 型崩れしない&跡が付かない!ハンガーを使った収納術

オンシーズンの基本的な収納方法としては、大きく上記の2通りの方法に分けることができます。

いずれの方法も『型崩れ』『シワ』『ハンガー跡』に配慮しながら、少しの工夫でセーター・ニットを良い状態で収納することが可能です。ここからは、具体的な収納方法について解説していきたいと思います。

たたみ方も解説!コンパクト&見やすい収納術

セーター ニット 収納

たたんで収納する方法はもっともオーソドックスな方法と言えるかもしれませんが、衣装ケースや引き出しなどに立てて収納するのが特におすすめです。

たたんで下から上へ重ねて収納していく場合、上の方のセーター・ニットの重みでシワや型崩れが起こってしまう可能性もあります。しかし、たたんでから立てて収納する場合は、シワや型崩れを予防することができ、さらには奥の方のセーター・ニットも見やすいというメリットもあります。

基本的には上の写真のように衣装ケースや引き出しに立てて収納していけば良いですが、あまりギュウギュウに押し込んで収納すると、シワが付いたり型崩れしてしまう可能性もあります。少しスペースにゆとりがあるくらいがちょうど良いです。

奥まで見やすく取り出しやすいので、オンシーズン中はセーター・ニットを使い勝手の良い形で収納しておくことができるでしょう。

セーター・ニットの基本的なたたみ方

①裏側にして、肩の中央部分で縦に折る

セーター ニット たたみ方

②折った部分に平行になるように袖も折る

セーター ニット たたみ方

③反対側も同様に①→②の順圧縮袋

セーター ニット たたみ方

④真ん中の部分で横に折り、ひっくり返す

セーター ニット たたみ方

このたたみ方は、セーター・ニットだけでなく様々な衣類にも使えるので、覚えておくといろんな場面で役立ちます。セーター・ニットを着た後は、多少手間でもたたんでおくことで型崩れやシワの予防となるのでおすすめです。

この後、衣装ケースや引き出しに立てて収納する場合は、さらに半分にたたんでコンパクトにしておきましょう。

型崩れしにくい&跡が付かない!ハンガーを使った収納術

セーター ニット 干し方 ハンガー

ハンガーを使った収納方法については、跡が付いてしまうので敬遠している方も多いのではないでしょうか?

確かに、普通にハンガーにかけて収納すると、セーター・ニットは型崩れやハンガーの跡が付いてしまいます。しかし、上の写真のようにハンガーへのかけ方を少し工夫することで、型崩れしにくくハンガーの跡が付かないようにセーター・ニットを収納することも可能です。

また、しっかりたたんで収納する場合と比べると、手間が少し減るので収納がラクな点もメリットと言えるでしょう。

ハンガーを使ってセーター・ニットを収納する方法

①セーター・ニットを中央で縦にたたむ

セーター ニット 干し方 ハンガー

②フック部分を、脇部分から出るように置く

セーター ニット 干し方 ハンガー

③袖部分をハンガーにかけるように折る

セーター ニット 干し方 ハンガー

④見頃部分も同様に折る

セーター ニット 干し方 ハンガー

薄手のセーター・ニットは、セーター・ニット用ハンガーもあり!

薄手のセーター・ニットであれば、ハンガー跡が付きにくく滑りにくいように加工された、セーター・ニット用ハンガーを使って収納するのもおすすめです。

ハンガーにかけて収納すれば見やすいので、パッとその時に着たいセーター・ニットを取り出して着ることができます。お出かけの際(特に急いでいる時など)は特に便利に感じられるでしょう。

セーター・ニット用ハンガーの一例

【KEYUCA(ケユカ)】滑らないハンガー ニット・デリケート衣類用 グレー 30本セット

ケユカ セーター・ニット用ハンガー

【出典:amazon】

上記のハンガーの他にも、MAWAハンガーなどもセーター・ニットに適したハンガーとして人気です。

セーター・ニットの収納グッズ|100均、無印、ニトリで買えるアイテムを紹介

ここでは、セーター・ニットを収納する際に活躍してくれる、便利な収納グッズについて解説していきたいと思います。

セーター・ニット専用に作られた収納グッズではないですが、手に入りやすいアイテムでも工夫することで、セーター・ニットを良い状態で使い勝手良く収納することができます。

  • できるだけ安くそろえたい!『100均』で買えるセーター・ニット収納グッズ
  • コスパ重視!『無印良品』で買えるセーター・ニット収納グッズ
  • コスパと種類を両立!『ニトリ』で買えるセーター・ニット収納グッズ

探せばもっといろんな種類の収納グッズがあると思いますが、今回は安さ重視の『100均』、良心的な価格設定で質も良いモノを取り扱っている『無印良品』『ニトリ』のぞれぞれで、セーター・ニットを収納するのに適したグッズを紹介していきたいと思います。

では、順番に見ていきましょう。

できるだけ安くそろえたい!『100均』で買えるセーター・ニット収納グッズ

今回は数ある『100均』の中でも、代表格とも言えるダイソーで収納グッズを探してみました。

  1. 【330円(税込)】吊り下げ収納ボックス
  2. 【110円(税込)】収納ボックス(A4サイズ)
  3. 【110円(税込)】アーチ型ハンガー(2本組)

100均のダイソーでおすすめのセーター・ニットの収納グッズとしては、上記の3つが挙げられます。実際にセーター・ニットを収納すると、それぞれの収納グッズでどんな感じになるのか、順番に見ていきたいと思います。

①【330円(税込)】吊り下げ収納ボックス

ダイソー 吊り下げ収納ボックス

こちらは330円(税込)の商品なので、ダイソーの中では割高なアイテムとなっていますが、セーター・ニットを収納するのにはおすすめのアイテムです。

使い方としてはクローゼットに吊り下げて使用する形ですが、セーター・ニットをたたんで収納できるので、型崩れの心配なくセーター・ニットを収納しておくことができます。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【ダイソー】吊り下げ収納ボックス

ダイソー 吊り下げ収納ボックス

実際に使ってみると、セーター・ニットの重みで吊り下げ収納ボックス自体が型崩れしているのが分かります。1シーズンだけ使うのならこれでも良いかもしれないですが、長く使いたい場合には『ニトリ』などでもう少し質の高いものを購入するのが良いでしょう。

②【110円(税込)】収納ボックス(A4サイズ)

ダイソー 収納ボックス A4サイズ

こちらは組み立て式で、ダンボールで出来ている収納ボックスです。A4サイズなので、少し小さめにセーター・ニットをたたむとちょうど良く収納することができます。

すでに紹介しているようにセーター・ニットはできれば立てて収納したいところですが、この収納ボックスは立てて収納すると少ししか収納できなくなってしまうため、たたんで重ねるのも選択肢の1つとしても良いかと思います。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【ダイソー】収納ボックス(A4サイズ)

ダイソー 収納ボックス A4サイズ

たたむサイズさえ気を付ければ、かなりスッキリと収納ボックスに収納することができます。ちゃんとフタも付いているので、ホコリやゴミからセーター・ニットを守ることができるので、とりあえずの収納グッズとしてはおすすめと言えるでしょう。

③【110円(税込)】アーチ型ハンガー(2本組)

ダイソー アーチ型ハンガー

こちらは、アーチ型なので肩にハンガーの跡が付きにくく、滑り落ちないように加工がされたハンガーです。110円(税込)で2本のハンガーがセットになっているので、あまりお金をかけなくてもハンガーを揃えやすいのもメリットと言えるでしょう。

『ニトリ』でも質がほぼ同じハンガーを購入できますが、こちらのダイソーのハンガーの方が1本当たりの値段も安いので、特にこだわりがなければこちらのハンガーがおすすめです。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【ダイソー】アーチ型ハンガー

ダイソー アーチ型ハンガー

アーチ型の形状、滑りにくい加工がされていることで、薄手のセーター・ニットであれば肩部分に跡が付かずにずり落ちることもなく、セーター・ニットをハンガーで収納することができます。セーター・ニットだけでなく、Tシャツなどをかけておくのにも良さそうです。

コスパ重視!『無印良品』で買えるセーター・ニット収納グッズ

続いて、『無印良品』でセーター・ニットの収納グッズとして、便利に使えそうなアイテムを探してみました。

  1. 【1,190円(税込)】PP収納ケース引き出し式・大

無印良品でおすすめのセーター・ニットの収納グッズとしては、上記のアイテムが挙げられます。ハンガーなど他のアイテムも探してはみましたが、残念ながら無印良品にはセーター・ニットを収納するのに適したハンガーはなく、今回は上記の1アイテムのみの紹介になります。

では、実際にセーター・ニットを収納するとどんな感じになるのか見ていきましょう。

①【1,190円(税込)】PP収納ケース引き出し式・大

無印良品 収納ケース

こちらの衣装ケースは、セーター・ニットをたたんでから立てて収納するのに適した収納ケースです。同じ商品でもう少し浅めの収納ケースもありますが、立てて収納する場合にはある程度の”深さ”が必要なので、こちらの商品の方がおすすめです。

簡単には壊れないように造りもしっかりしていますし、1つが1,190円(税込)でコスパもかなり良いので、いくつか購入して重ねてタンスにようにして使うのも良いでしょう。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【無印良品】PP収納ケース引き出し式・大

無印良品 収納ケース

たたんだセーター・ニットを、写真のように立ててスッキリと収納することができます。大きさもたたんだセーター・ニットに合うサイズ感なので、セーター・ニットの収納にはピッタリのアイテムと言えます。

コスパと種類を両立!『ニトリ』で買えるセーター・ニット収納グッズ

続いて、「お、ねだん以上。」でおなじみの『ニトリ』で、セーター・ニットの収納グッズと便利なアイテムを探してみました。

  1. 【1,090円(税込)】クローゼットケース セレスFD(Sサイズ)
  2. 【1,212円(税込)】吊り収納 5段
  3. 【297円(税込)】すべりにくいアーチ型ハンガー(3本組)

ニトリでおすすめのセーター・ニットの収納グッズとしては、上記の3つのアイテムが挙げられます。いずれのアイテムもお手頃価格で購入しやすいですし、種類も豊富でさすがの品ぞろえです。あなたのお部屋に合わせて、使いやすいアイテムを選ぶのが良いでしょう。

では、実際に3つのアイテムを使ってセーター・ニットを収納するとどんな感じになるのか、順番に見ていきましょう。

①【1,090円(税込)】クローゼットケース セレスFD(Sサイズ)

ニトリ クローゼットケース

こちらの衣装ケースも無印良品で購入できる収納ケースと一緒で、セーター・ニットをたたんでから立てて収納するのに適したクローゼットケースです。同じ商品でもう少し深めの収納ケースもありますが、こちらの商品の場合はこの”S”サイズがセーター・ニットの収納にはおすすめです。

また、造りもしっかりしているため壊れにくく、値段的にも1つ1,090円(税込)とコスパもかなり良いので、複数購入して重ねることでタンスにようにして使うことも可能です。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【ニトリ】クローゼットケース セレスFD(Sサイズ)

ニトリ クローゼットケース

たたんだセーター・ニットを、写真のように立ててスッキリと収納することができます。『無印良品』よりも『ニトリ』収納ケースの方が幅が広いので、少し大きめにセーター・ニットをたたんでも問題なく収納することができます。

②【1,212円(税込)】吊り収納 5段

ニトリ 吊り収納5段

こちらはクローゼットに吊り下げて使用する、吊り下げ型の収納グッズです。セーター・ニットをたたんで収納できるので、型崩れの心配なくセーター・ニットを収納しておくことができます。

また、一番下の段が大きく作られているので、ここだけはもっとかさ張る衣類などを収納することもできます。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【ニトリ】吊り収納 5段

ニトリ 吊り収納5段

実際に使ってみると上記の写真のようになりますが、『ダイソー』の吊り下げ収納と比べると造りもしっかりしているので、セーター・ニットの重みで吊り下げ収納自体が型崩れするようなこともありませんでした。

このような吊り下げ収納を使いたい場合には、『ダイソー』ではなく『ニトリ』の商品を購入した方が長く使うことができるでしょう。

③【297円(税込)】すべりにくいアーチ型ハンガー(3本組)

ニトリ アーチ型ハンガー

こちらは、アーチ型で肩にハンガーの跡が付きにくく、滑らないように加工がされたハンガーです。ハンガーが3本で297円(税込)と良心的な価格設定なので、手軽にハンガーを揃えることができる点もメリットと言えます。

しかし、『ダイソー』でも質がほぼ同じハンガーを購入することができ、ダイソーのハンガーの方が1本当たりの値段が安いです。特にこだわりがなく同じようなハンガーが欲しい場合には、『ダイソー』のアーチ型ハンガーを購入すると良いでしょう。

実際に使ってみるとこんな感じ!

【ニトリ】すべりにくいアーチ型ハンガー(3本組)

ニトリ アーチ型ハンガー

アーチ型の形状で肩部分に跡が付きにくく、滑りにくい加工がされていることでずり落ちていないことが、上の写真から分かるかと思います。薄手のセーター・ニットであれば、このハンガーでクローゼット内に収納しておくこともできます。

また、性能的にはセーター・ニットだけでなく、Tシャツなどをかけて収納するのにも適していると思います。

セーター・ニットの収納術|オフシーズンは、処分してから良い収納環境を意識!

ここでは、オフシーズンのセーター・ニットの収納方法について解説していきます。

オンシーズンはセーター・ニットを着る機会も多いので、しまいやすく取り出しやすい収納方法が求められます。しかし、オフシーズンの収納方法については、ある程度長期間収納しておくことになるため、可能な限り良い環境を整えて収納することが大切です。

また、クローゼットなどの収納場所に限りがある場合には、かさ張らばらないようにコンパクトに収納する必要も出てくるでしょう。

  1. いらないセーター・ニットを処分する
  2. 『洗濯』もしくは『クリーニング』に出す
  3. 布製収納ボックスを使う
  4. 防虫対策をする
  5. 圧縮袋を使う

オフシーズンの収納方法としては、基本的な流れとして上記のような手順で進めていくのがおすすめです。では、順番に詳しくオフシーズンの収納方法について解説していきたいと思います。

①いらないセーター・ニットを処分する

セーター・ニット 処分

まずは収納する前段階として、もう着なくなったセーター・ニットを処分するところから始めましょう。

着なくなったセーター・ニットを処分することで断捨離することができ、さらに収納するセーター・ニットを減らすことにもなるので、収納スペースを節約することにも繋がります。節約できたスペースには他のものを収納するのも良いですし、新たにお気に入りのセーター・ニットを買った際のスペースとして使うのも良いでしょう。

②『洗濯』もしくは『クリーニング』に出す

セーター・ニット 洗濯

いらないセーター・ニットを処分したら、残ったセーター・ニットは洗濯、もしくはクリーニングに出してから収納するようにしましょう。汚れたセーター・ニットをそのまま収納してしまうと、イヤな臭いやカビが生える原因となることもあります。

自分で『洗濯』する場合

セーター・ニットは素材にもよりますが、ポイントを押さえることさえできれば自分で洗濯することも可能です。手間はかかりますが、お金をかけずにセーター・ニットをお手入れすることができるので、節約したい場合には自分で洗濯するのもおすすめです。

下記の記事ではセーター・ニットの洗濯方法について詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事

この記事では、セーターやニットの洗濯方法について、写真を使いながらできるだけ分かりやすく解説していきます。 「自分で洗って、縮んだり型崩れしないか不安…」 「セーターやニットって、洗濯機で洗っても大丈夫?」 「目立つ汚[…]

セーター ニット 洗濯 洗い方

『クリーニング』に出す場合

最近では便利で使いやすいので、宅配クリーニングの人気がとても高くなってきています。

宅配クリーニングには、衣類ごとに料金設定がある『個別制』と、衣類の数で料金設定がある『パック制』の2つがあります。『パック制』の宅配クリーニングには、保管サービスが付いていることも多いので、目的に合った宅配クリーニングを利用するのがおすすめです。

また、セーター・ニットに限りませんが、クリーニングから戻ってきた衣類は、まずビニールを取って専用のハンガーにかけ替えるのがおすすめです。

ビニールを付けたままだと衣類に湿気が溜まってしまい、それが臭いやカビの原因となってしまうこともあります。また、ハンガーをかけ替えることで衣類の型崩れを防止することができるので、衣類を長持ちさせることにつながります。

下記の記事では、おすすめの宅配クリーニングを紹介しているので、宅配クリーニング選びに迷っている方は参考にしてみてください。

関連記事

まずは「スピード診断」でチェック!あなたにおすすめな宅配クリーニングを「2タップ」で紹介します![yesno_chart sid="1"]スピード診断の結果はいかがでしたでしょうか?診断結果で紹介[…]

宅配クリーニング 比較 ランキング

③布製収納ボックスを使う

ニトリ 衣類収納バッグM

オフシーズンにある程度の長期間セーター・ニットを収納しておく場合には、布製の収納ボックスがおすすめです。

布製の収納ボックスは通気性が良く、セーター・ニットを湿気から守ってくれるので、カビが生えるのを予防してくれます。また、折りたたむことができる収納ボックスも多いので、オンシーズンで使わないときはコンパクトにしまっておけるのも便利な点と言えるでしょう。

今回使った商品はコレ!

【ニトリ】衣類収納バッグ ガバット(M)

ニトリ 衣類収納バッグ

④防虫対策をする

セーター・ニット 防虫対策

セーター・ニットを長期間収納しておく場合は、必ず防虫対策をしておくようにしましょう。

防虫対策をせずにセーター・ニットを収納すると、オフシーズンの間に虫に喰われてしまい、お気に入りのセーター・ニットに穴が開いてしまうこともあります。穴が目立たない場所であればなんとかなるかもしれないですが、目立つ場所に開いてしまった場合は、例えお気に入りのセーター・ニットであっても、泣く泣くお別れすることになってしまいます。

お気に入りのセーター・ニットを長く着るためにも、防虫対策は忘れないようにしてください。

⑤圧縮袋を使う(デメリットあり)

圧縮前

セーター・ニット 圧縮前

圧縮後

セーター・ニット 圧縮後

セーター・ニットをオフシーズンに収納するには、圧縮袋を使用するのも1つのアイデアです。

セーター・ニットはかさ張りやすいので、普通にたたんで収納する場合はある程度の収納スペースが必要になってきます。しかし、圧縮袋を利用することでコンパクトに省スペースで収納することが可能です。今回使用した圧縮袋は、手で巻いて空気を抜くタイプのものでしたが、掃除機を使って空気を抜くタイプの圧縮袋であれば、上の写真よりもっとコンパクトになることも期待できます。

圧縮袋は100均などでも手軽に買えるのでおすすめではありますが、セーター・ニットにシワが付きやすいというデメリットもあります。できるだけキレイにたたんで圧縮袋に入れればある程度はシワを予防できるので、圧縮袋を使用する場合はこの点に注意しておくようにしましょう。

まとめ|オン・オフシーズンともに、セーター・ニットの状態に配慮して収納しよう!

セーター・ニットの収納方法について、意識した方が良いポイントや具体的な収納方法、収納グッズを紹介してきました。すでに知っていたことや、反対に知らなかったこともあったかと思いますが、いろんな収納方法があることが分かったのではないかと思います。

  • オンシーズンは、『たたんで立てる』もしくは『ハンガーにかける』のが便利
  • 薄手のセーター・ニットであれば、専用ハンガーもおすすめ
  • 収納グッズは、『100均』『無印良品』『ニトリ』で十分揃えられる
  • オフシーズンは、ある程度の期間収納することを配慮し、しっかり対策をして収納する

ここまでの内容をざっとまとめると、上記の4点に絞られると思います。

この記事の内容を押さえておけば、セーター・ニットの収納に関するお悩みは、ある程度解消されると思います。オンシーズンであれば『便利に使いやすく』、オフシーズンであれば『傷まず良い状態で』セーター・ニットを収納することができるでしょう。

この記事を参考にセーター・ニットの収納方法をマスターし、お気に入りのセーター・ニットと長くお付き合いしていってほしいと思います。

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
セーター・ニット 収納
最新情報をチェックしよう!