セーター・ニットの縮まない洗濯方法|洗濯機&手洗いの洗い方を紹介!

この記事では、セーターやニットの洗濯方法について、写真を使いながらできるだけ分かりやすく解説していきます。

  • 「自分で洗って、縮んだり型崩れしないか不安…」
  • 「セーターやニットって、洗濯機で洗っても大丈夫?」
  • 「目立つ汚れがあっても、自分で落とせる?」

などの不安やちょっとした疑問があり、自宅でセーターやニットを洗濯するのをためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

確かにクリーニングに出しておいた方が良いセーターやニットもありますが、しっかりポイントさえ押さえておけば、実は洗濯機で洗える場合もありますし、縮むことなく自宅で洗濯することも可能です。

ここからは上記のような不安を解消するために、自宅でセーターやニットを洗濯する方法を体験談形式でお伝えしていきます。自宅で洗濯する際のポイントや気をつけておくべき注意点などを交えて解説していくので、ぜひこの記事を参考にセーターやニットの洗濯にチャレンジしてみてほしいと思います。

目次

セーター・ニットは洗濯の前に”必ず”洗濯表示をチェック!

セーター ニット 洗濯表示

セーターやニットを自宅で洗濯するには、まずセーターやニットの洗濯表示をしっかりと確認することが重要です。

自宅で洗濯できない物を洗濯してしまったり、間違った洗濯方法で洗濯してしまったりすると、大切なセーターやニットが縮んだり型崩れする原因となります。

  • 自宅で洗濯できる洗濯表示
  • 自宅で洗濯できない洗濯表示

上記の順番で洗濯表示について解説していきますが、洗濯表示は2016年12月から世界共通の【新】洗濯表示に変わっています。分かりやすいように2016年12月まで使われていた【旧】洗濯表示と合わせてお伝えしていくので、洗濯表示をしっかり確認して正しい方法でセーターやニットを洗濯するようにしてください。

自宅で洗濯できる洗濯表示

一例ではありますが、下記のような洗濯表示があるセーターやニットは自宅で洗濯することが可能です。

【新】洗濯表示【旧】洗濯表示
新洗濯表示 洗濯可

液温は40 ℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い処理が出来る

洗濯表示 手洗い

液温は40 ℃を限度とし、手洗いができる

旧洗濯表示 洗濯可

液温は40 ℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い処理が出来る

旧洗濯表示 手洗い可

液温は30 ℃を限度とし、手洗いができる

【新】洗濯表示
数字は液温を表しており、下の線は洗濯処理の弱さを表しています。また、手が付いているのは手洗い処理を表しています。どちらも家庭での洗濯が可能なことを表しています。

【旧】洗濯表示
数字は液温を表しており、漢字の『弱』は洗濯機の弱水流もしくは弱い手洗いができることを表しています。また、『手洗イ』は手洗い処理を表しています。どちらも家庭での洗濯が可能なことを表しています。

自宅で洗濯できない洗濯表示

下記のような洗濯表示があるセーターやニットは自宅で洗濯することができないので、クリーニングを利用するのがおすすめです。

【新】洗濯表示【旧】洗濯表示
新洗濯表示 洗濯不可

家庭での洗濯禁止

旧洗濯表示 洗濯不可

家庭での洗濯禁止

【新】【旧】洗濯表示共通
×印が付いている洗濯表示は、家庭での洗濯ができないことを表しています。

セーター・ニットを洗う頻度に目安は?みんなどうしてる?

セーター ニット 

セーターやニットを洗う頻度については、基本的には1シーズンに1回以上を目安にしておけば良いでしょう。

「セーターやニットも、着る度に洗った方がいいのでは?」と思うかもしれないですが、材質によっては頻繁に洗ってしまうと傷みの原因となり、セーターやニットの寿命が短くなってしまう可能性があります。洗うタイミングとしては、『えりやそでの汚れが目立ってきたとき』や『臭いが気になってきたとき』がおすすめです。

また、セーターやニットは日ごろからお手入れをしておくことで、そんなに洗わなくても清潔な状態を維持することができます。

  • 傷み対策⇒『着たら裏返しにして一晩干す』『1回着たら休ませる(毎日着ない)』
  • 臭い対策⇒『消臭スプレーをかける』
  • 毛玉対策⇒『ブラッシングする』『小まめに毛玉を取る』

上記のようなお手入れをしておくと、結果的にセーターやニットを長持ちさせることにも繋がります。適切な頻度で洗ってお手入れをして、お気に入りの1着と長くお付き合いできるようにしてほしいと思います。

洗濯ネットは必要?セーター・ニットの洗濯に必要なアイテムを紹介!

セーターやニットを自宅で洗濯する場合、準備するアイテムはそんなに多くはないですが、洗濯機で洗う場合と手洗いする場合では少し準備するアイテムが変わってきます。

  • 洗濯機で洗うときに必要な”3つのアイテム”
  • 手洗いするときに必要な”4つのアイテム”

ここからは上記の順番で準備するアイテムを紹介していきます。

どちらにも必要なアイテムもありますし簡単に揃えられる物も多いので、まずはこれから紹介するアイテムを揃えていきましょう。

洗濯機で洗うときに必要な”3つのアイテム”

セーター ニット 洗濯機

セーターやニットを洗濯機で洗う場合、準備するアイテムは下記の3つです。

  1. おしゃれ着用の洗剤(アクロンやエマールなど)
    セーターやニットはデリケートなので、普通の洗剤で洗ってしまうと傷んでしまします。必ずおしゃれ着用洗剤を使うようにしてください。
  2. 洗濯ネット
    洗濯ネットに入れて洗濯することで、他の衣類との摩擦や絡んでしまうのを防止してくれたり、型崩れも予防することができます。たたんだセーターやニットに合うサイズの洗濯ネットを準備しましょう。
  3. 柔軟剤
    好みにもよってくると思いますが、柔軟剤を使うことで『臭い対策』『静電気を抑える』『ふんわり仕上がる』などの効果が期待できるので、使いたい方は柔軟剤を使うのもおすすめです。

手洗いするときに必要な”4つのアイテム”

セーター ニット 手洗い

セーターやニットを手洗いする場合、準備するアイテムは下記の3つです。

  1. おしゃれ着用の洗剤(アクロンやエマールなど)
    セーターやニットはデリケートなので、普通の洗剤で洗ってしまうと傷んでしまします。必ずおしゃれ着用洗剤を使うようにしてください。
  2. 洗濯桶
    手洗いをする場合は、溜めたお湯にセーターやニットを入れて押し洗いをすることになるので、お湯を溜めるための桶が必要です。軽くたたんだセーターやニットが入るくらいの大きさの洗濯桶を準備しましょう。
  3. 柔軟剤
    好みにもよってくると思いますが、柔軟剤を使うことで『臭い対策』『静電気を抑える』『ふんわり仕上がる』などの効果が期待できるので、使いたい方は柔軟剤を使うのもおすすめです。
  4. バスタオル
    最後の脱水を洗濯機でする場合は必要ありませんが、タオルで脱水する場合は大きいバスタオルを準備しておきましょう。

セーター・ニットを洗濯機で洗う”5つの手順”

洗濯機で洗うために必要なアイテムが準備できたら、次は実際にセーターやニットを洗濯機で洗っていきましょう。やること自体は簡単ですが、ポイントを押さえておかないと縮みや型崩れしてしまうこともあるので、十分注意しながら洗濯をしていきましょう。

  1. 汚れが目立つ部分に洗剤を直接塗布する
  2. セーターやニットを裏返してたたむ
  3. 洗濯ネットに入れる
  4. セーターやニットに適したコースに設定して洗う
  5. 洗濯が終わったらすぐに取り出す

洗濯機で洗う場合の手順としては、大きく分けて上記の5つの手順があります。また、各手順で気を付けるポイントやコツがあるので、併せてお伝えしていきたいと思います。では、順番に詳しく解説していきます。

セーター ニット 色落ちチェックセーターやニットが色落ちしないか心配なときは、洗濯する前に色落ちしないか確認しておきましょう。目立たない部分に少しだけ洗剤を塗って5分ほど置き、白い布やティッシュを当ててみましょう。
・白い布に色が移らない⇒洗濯してもOK
・白い布に色が移った⇒単独で洗濯する、もしくはクリーニングに出す
上記のように対応するようにしてください。

①汚れが目立つ部分に洗剤を直接塗布する

セーター ニット 洗い方 洗濯機

襟(えり)や袖口(そでぐち)などは汚れやすいため、汚れが目立ってしまっていることもあると思います。セーターやニットに目立つ汚れがある場合は、洗剤の原液を直接塗ってなじませておきましょう。

特に気になる汚れがない場合は、この手順はスキップしても問題ありません。

②セーターやニットを裏返してたたむ

セーター ニット 洗い方 洗濯機

セーターやニットを洗濯機で洗う場合は、裏返しにしてたたむのがおすすめです。ボタンが付いたカーディガンなどは、ボタンを留めてから裏返しにしてたたみましょう。

こうすることで皮脂などの汚れが付きやすい部分が表側になり、洗剤や水流がしっかり当たるので汚れが落ちやすくなります。たたんだ後は洗濯ネットに入れるので、洗濯ネットのサイズに合うようにたたみましょう。

③洗濯ネットに入れる

セーター ニット 洗い方 洗濯機

セーターやニットをたたんだら、次は洗濯ネットに入れていきます。洗濯ネットの中でセーターやニットが動かないように、できるだけたたんだ状態を保つように入れていきましょう。

洗濯ネットに入れることで、他の洗濯物との摩擦や絡むのを防止してくれるので、セーターやニットが傷んでしまうのを防いでくれます。

④セーターやニットに適したコースに設定して洗う

セーター ニット 洗い方 洗濯機

セーターやニットを洗濯機で洗う場合、適したコースで洗うことが重要です。『手洗いコース』『ドライコース』『おしゃれ着コース』など、水流が弱くやさしく洗えるコースに設定しましょう。

適したコースを選ぶことで型崩れを防いでくれたり、仕上がりの風合いが良くなる効果があります。また、脱水時間は短く(1分以下)設定しておくと、型崩れしにくくなるのでおすすめです。

⑤洗濯が終わったらすぐに取り出す

セーター ニット 洗い方 洗濯機

洗濯が終わったらできるだけ早く取り出し、軽くたたいてシワを伸ばしてから形を整えましょう。

洗濯が終わったのに取り出さずに放置していると、シワが強く付いて取れにくくなったり、形が崩れて直りにくくなってしまう恐れがあります。

セーター・ニットを手洗いする”6つの手順”

手洗いでセーターやニットを洗うために必要なアイテムが準備できたら、次は実際にセーターやニットを手洗いしていきましょう。やること自体は簡単ですが、洗濯機で洗う場合と同様にポイントを押さえておかないと、縮みや型崩れしてしまうこともあります。十分注意しながら手洗いしましょう。

  1. 洗濯桶にぬるま湯を入れ、洗剤を入れてかき混ぜる
  2. 汚れが目立つ部分に洗剤を直接塗布する
  3. セーターやニットを裏返してたたむ
  4. 洗濯桶に入れ、やさしく”押し洗い”をする
  5. ぬるま湯を変えながらしっかりすすぐ
  6. タオルで脱水、もしくは洗濯機で短い時間脱水する

手洗いする場合の手順としては、大きく分けて上記の6つの手順があります。また、各手順で気を付けるポイントやコツがあるので、併せてお伝えしていきたいと思います。では、順番に詳しく解説していきます。

①洗濯桶にぬるま湯を入れ、洗剤を入れてかき混ぜる

セーター ニット 洗い方 手洗い

まずは洗濯桶に洗浄液を作っていきます。洗濯桶にぬるま湯(30℃前後)を入れ、おしゃれ着用洗剤を入れてからよくかき混ぜましょう。

②汚れが目立つ部分に洗剤を直接塗布する

セーター ニット 洗い方 手洗い

襟(えり)や袖口(そでぐち)などは汚れやすいため、汚れも目立ちやすいです。洗濯機で洗う場合と同様に、セーターやニットに目立つ汚れがある場合は、洗剤の原液を直接塗ってなじませておきましょう。

特に気になる汚れがない場合は、この手順はスキップしても問題ありません。

③セーター・ニットを裏返してたたむ

セーター ニット 洗い方 手洗い

こちらも洗濯機で洗う場合と同様で、手洗いする場合も裏返しにしてたたむのがおすすめです。ボタンが付いたカーディガンなどは、ボタンを留めてから裏返しにしてたたみましょう。

こうすることで皮脂などの汚れが付きやすい部分が表側になり、汚れが落ちやすくなります。

④洗濯桶に入れ、やさしく”押し洗い”をする

セーター ニット 洗い方 手洗い

洗濯ネットに入れたセーター・ニットを洗浄液の入った洗濯桶に入れ、上からやさしく洗浄液に沈めていきます。浮いてきたら沈めてを繰り返し、やさしく”押し洗い”をしていきましょう。

こすったり激しく洗ったりすると型崩れの原因となってしまうので、やさしく押し洗いすることがポイントです。

⑤ぬるま湯を変えながらしっかりすすぐ

ぬるま湯を変えてすすぐ

セーター ニット 洗い方 手洗い

2回目のすすぎの時に柔軟剤を入れる

セーター ニット 洗い方 手洗い

押し洗いが終わったら、次はきれいなぬるま湯に変えてすすぎをしていきます。押し洗いと同じ要領でやさしくすすぎを行い、2回繰り返してすすぎをしてください。

2回目のすすぎのときにお好みで柔軟剤を入れると、『静電気防止効果』『消臭効果』『仕上がりがふんわりする』などのうれしい効果もあるのでおすすめです。

洗濯桶今回使用した洗濯桶は、ニトリで購入した『たためるソフトタライ 12L(グレー)』です。
値段は2,027円(税込)と少し高いと感じるかもしれないですが、コンパクトにたたんで収納することができ、使いたい時にサッと簡単に桶として使えるのでおすすめです。
⇒ニトリ公式サイトはこちら

⑥バスタオルで脱水、もしくは洗濯機で短い時間脱水する

セーター ニット 洗い方 手洗い

すすぎが2回終わったら、最後に脱水をしていきます。すすぎが終わったら、やさしく押してできるだけ水気を切っておくと脱水がラクになります。

  • バスタオルで脱水する場合⇒セーターやニットをバスタオルで挟み、しっかりとタオルで水気を取ってください。
  • 洗濯機で脱水する場合⇒セーターやニットを洗濯ネットに入れたまま洗濯機に入れ、30秒~1分ほどの短い時間に設定して脱水してください。

セーター・ニットの型崩れしにくい干し方|基本とハンガーを使う方法を紹介

セーター・ニットはそのままハンガーにかけて干すと、重みでハンガーの跡が付いたり型崩れすることもあります。セーター・ニットは干し方を工夫するだけで、型崩れしにくくキレイに乾かすことができるので、セーター・ニットに適した干し方を覚えてほしいと思います。

  1. できればコレ!平干しする
  2. 手間がかからない!物干し竿に干す
  3. 省スペースで干したい!ハンガーを使って干す

上記の3つが代表的な干し方なので、この3つを覚えておけばセーター・ニットの干し方で迷うことはほとんどなくなるでしょう。

また、全ての干し方に共通するのは、直射日光が当たらない日陰で陰干しするか、室内干しをするようにしてください。こうすることで日焼けや変色、生地が傷むのを防止することができます。

では、順番に解説していきたいと思います。

キレイに仕上がる!平干しネットなどで”平干し”をする

セーター ニット 干し方 平干しネット

セーター・ニットを型崩れしないように乾かすには、平干しがもっともキレイに乾くのでおすすめです。100均でも手軽に手に入るので、平干し用ネットを使うと良いでしょう。

平干し用ネットがない場合は、ピンチハンガーの上で平干しすることで代用することもできます。

平干しネット今回使用した平干しネットは、ニトリで購入した『平干し洗濯ネット 2段(LGY)』です。
値段も549円(税込)とお手頃価格なので、「まだ平干しネットを持ってない!」という方は、こちらの平干しネットを購入するのも良いと思います。
⇒ニトリ公式サイトはこちら

手間がかからない!物干し竿にかけて干す

セーター ニット 干し方 物干し竿

セーター・ニットの型崩れに配慮しながら手間をかけずに干したい場合は、写真のように物干し竿にかけて干すのがおすすめです。平干しと比べると多少型崩れのリスクは上がりますが、それでも重さによる負担が軽減できる干し方なので、時間がないときなどに重宝する干し方と言えるでしょう。

また、物干し竿だけあればできる干し方なので、他のアイテムを揃える必要がないのもメリットです。

省スペースで干したい!かけ方を工夫してハンガーで干す

セーター ニット 干し方 ハンガー

すでにお伝えしたように、セーター・ニットを普通にハンガーにかけて干すと、ハンガーの跡が付いたり重みで型崩れしたりします。しかし、ハンガーへのかけ方を工夫するだけで、ハンガーの跡が付かない上に型崩れなく干すことも可能です。

①セーター・ニットを中央で縦にたたむ

セーター ニット 干し方 ハンガー

②ハンガーのフック部分を、脇部分から出るように置く

セーター ニット 干し方 ハンガー

③袖部分をハンガーにかけるように折る

セーター ニット 干し方 ハンガー

④見頃部分も同様に折る

セーター ニット 干し方 ハンガー

上記の手順でハンガー1本でセーター・ニットを干すことができるので、他の方法と比べると格段にスペースを取らずに干すことができます。洗濯物が多く、干すスペースがあまりない場合などにはおすすめの干し方です。

セーター・ニットはアイロンがけした方が良い?

セーター・ニットは、ちゃんと洗って乾かすことができればふんわり仕上がるので、基本的にはアイロンがけをしなくても問題ありません。しかし、場合によってはアイロンでセーター・ニットを良い状態に仕上げることができるので、アイロンの使い方は覚えておくと便利です。

  1. シワを伸ばす
  2. 型崩れ(縮みや伸び)を元に戻す

セーター・ニットにアイロンを使うイメージはあまりないと思いますが、上記のようにアイロンを使ってセーター・ニットの状態を改善することができます。

上記のどちらの場合でも必ず守って頂きたいのが、アイロンはスチームを当てるために使うようにしましょう。普通にアイロンがけすると、テカリや変色の原因となるだけでなく、素材によっては溶けてしまうこともあるので注意してください。

では、順番に解説していきたいと思います。

①シワを伸ばす

セーター ニット アイロン

1⃣セーター・ニットからアイロンを1cmほど浮かせて、シワが気になる部分にスチームをたっぷりと10秒ほど当てる
2⃣触っても火傷しないくらいに熱が冷めたら、上から押さえるようにやさしくシワを伸ばす
3⃣日陰に広げて完全に乾くまで放置する

上記がアイロンのスチームを使って、セーター・ニットのシワを伸ばす手順となります。しつこいようですが、アイロンが直接セーター・ニットに触れないように、必ずアイロンを浮かせてスチームだけを当てるようにしてください。

②型崩れ(縮みや伸び)を元に戻す

セーター ニット 干し方 ハンガー

1⃣セーター・ニットからアイロンを1cmほど浮かせて、型崩れした部分にスチームをたっぷりと当てる
・縮みを戻す場合⇒火傷に注意しながら、スチームを当ててやさしく生地を引っ張って伸ばしていく
・伸びを戻す場合⇒火傷に注意しながら、スチームを当ててやさしく生地を握って縮めていく
(しつけ糸で伸びた部分を縮めて固定し、スチームをかけていくのがベスト!)
2⃣日陰に広げて完全に乾くまで放置する

上記がアイロンのスチームを使って、セーター・ニットの型崩れを元に戻す方法となります。こちらも必ずアイロンを浮かせてスチームだけを当てるようにして、型崩れしてしまったお気に入りのセーター・ニットの復活にチャレンジしてみてほしいと思います。

セーター・ニットを収納するポイントは?たたみ方などのコツを伝授!

セーター・ニットの収納方法については、どんな方法が良いのか分からずに頭を悩ませている方も多いと思います。型崩れや虫食い、他にもかさ張りやすかったりするので、どんな方法が良いのか迷ってしまうのがその原因と言えるでしょう。

結論から先にお伝えすると、セーター・ニットの基本的な正しい収納方法は『たたむ』のが正解と言えます。

  • サクッとできる!セーター・ニットのたたみ方
  • 型崩れしない!セーター・ニットの収納方法

ここからは簡単にセーター・ニットのたたみ方と、おすすめの収納方法について解説していきます。基本的に簡単にすぐにできると思うので、セーター・ニットを収納する際の参考にしてほしいと思います。

サクッとできる!セーター・ニットのたたみ方

まず、基本的なセーター・ニットのたたみ方をお伝えしていきたいと思います。

①裏側にして、肩の中央部分で縦に折る

セーター ニット たたみ方

②折った部分に平行になるように袖も折る

セーター ニット たたみ方

③反対側も同様に①→②の順に折る

セーター ニット たたみ方

④真ん中の部分で横に折り、ひっくり返す

セーター ニット たたみ方

このたたみ方は、セーター・ニットだけでなく様々な衣類にも使えるので、覚えておくといろんな場面で役立つでしょう。また、簡単にキレイにたたむことができるのも、このたたみ方の嬉しいポイントと言えます。

セーター・ニットを着た後は、多少手間でもたたんでおくことで型崩れやシワの予防となるのでおすすめです。

型崩れしない!セーター・ニットの収納方法

セーター ニット 収納

セーター・ニットのたたみ方を覚えたら、次はおすすめの収納方法についてお伝えしていきたいと思います。

たたんだセーター・ニットは、底が浅めの引き出しに立てて収納するのが賢い収納方法と言えます。ギュウギュウに押し込んで収納するとシワが付いてしまうので、少しスペースにゆとりがあるくらいにしておくのが良いでしょう。

こうすることで型崩れしにくく、見やすくなって取り出しやすくもなるのでおすすめです。

まとめ|セーター&ニットは、正しい洗い方なら意外と簡単に自分で洗濯できる!

ここまで、セーター・ニットの洗濯方法をメインに、干し方や収納方法までを簡単にお伝えしてきました。ハードルが高いと思いがちなセーター・ニットでも、実は意外と簡単に自宅で洗濯できることが分かったんじゃないかと思います。

  • 洗濯できない洗濯表示以外は、自宅で『洗濯機』もしくは『手洗い』で洗濯できる!
  • 自宅で洗濯する時に必要なアイテムは3~4アイテムで、簡単に揃えることができる!
  • 干すときの基本は、”平干し”が最もおすすめ!
  • 基本的にアイロンは不要!どうしても必要な場合は、スチームを当てるために使う!
  • 収納する時は、たたんでから浅い引き出しに立てて収納するのがおすすめ!

ここまでの内容を簡単にまとめると、上記の5つのポイントにまとめられると思います。自分でセーター・ニットを洗濯することができるようになれば、気軽にお手入れをすることができるようになって、安心してお気に入りのセーター・ニットを着ていくことができるようになるでしょう。

洗濯ができない洗濯表示の付いたセーター・ニットに関しては、無理せずにクリーニングを利用するのがおすすめです。「クリーニング屋さんまで行く時間がない…」という方もいるかと思いますが、家から一歩も出ずにクリーニングを利用することができる【宅配クリーニング】というサービスもあり、その利便性からとても人気となってきています。

下記の記事では、料金が安く人気の宅配クリーニングサービスをランキング形式で紹介しているので、興味がある方はこちらも参考にしてみてください。

関連記事

宅配クリーニングは、リモート時代である現代にマッチしているサービスで、お気に入りの洋服のケアにおすすめです。しかし、人気な宅配クリーニングは何社もあり、自分に合った宅配クリーニングを選ぶ事が少し難しくも感じます。そこでデリカジ編集部[…]

宅配クリーニング 比較 ランキング

お気に入りの衣類のケアに♪

リネット 口コミ

宅配クリーニングを使ってみた感想は「思っていた以上に楽で、思っていたほど料金が高くなかった」が、素直な感想でした。

「宅配クリーニング」の流れ

  1. 注文は、24時間365日OK
    →クリーニング店の営業日・営業時間を気にしなくて済む
  2. 玄関で配達員に洋服を渡す
    →洋服を持ってわざわざクリーニング店に行かなくて済む
  3. クリーニング後に家に届く
    →営業時間や自分の予定を気にせずに洋服を受け取れる
デリカジ編集部で実際に使っていて、且つ、人気な宅配クリーニングをサービスをまとめましたので、是非参考にしてみてください!
セーター ニット 洗濯 洗い方
最新情報をチェックしよう!